秋桜に想う

(花) コスモス


僕の愛したみっちゃんが、こよなく愛した花。

少し寂し気な装いの花。

そよ風にも揺れる心のような花。

それは、みっちゃんの姿そのもののようだ。

まもなく日本にも春が来て菜の花が咲き、蝶が舞う日も近い。

僕の原体験に彼岸花の咲く畦を歩き、春の匂いを嗅いだ記憶から彼岸花が好きだと

言ったら、みっちゃんには悲しい想い出があるようで悲しい目をして僕を見た。

それ以来、僕は彼岸花を好きだと言う事を辞めた。

コスモスの咲く頃、みっちゃんはソワソワする事があった、そんな時はドライブをする。

そして、咲き乱れる秋桜を求めて走り、名所と云われる秋桜の畑で弁当を広げてる、

みっちゃんを見るのが好きだった。

みっちゃんは、揺れる秋桜を愛おしそうに見ながら遠い昔の何かを探っているのだろうか?

それが、何だったのか聞いていない、きっと彼岸で逢ったなら聞いてみよう。
[PR]

# by kattyan62 | 2006-02-15 11:08

バレンタイン・ディーは無くても

クマ『ようはっつぁん、なんだってね、今日は[ばれんたいん]とか言ってよ、チョコを貰えるてぇじゃないか』

ハチ『へぇ〜誰がくれるってんだい?』

クマ『おめぇ、知らねえのかい?』

ハチ『知らねぇねぇ〜』

クマ『おめぇは馬鹿だなぁ〜、そんな事も知らねぇで、よく生きてられるね』

ハチ『じゃ〜おめぇは知ってるってぇのかい?』

クマ『あたぼうよ、こちとら江戸っ子でぇい』

クマ『あのよ〜[ばてれん]のよ、祭らしいぜ、この日にゃ〜よ、何でも女がよ、男にチョコを渡さなければならないんだとよ』

ハチ『そりゃぁ〜ありがてぇや、で、何処へ行けばそのチョコをくれるんだい?』

クマ『馬鹿だねぇ〜おめぇよ、家に居たってくれね〜よ、チョコをよ、やりてぇって女を捜すのよ』

ハチ『えれぇ〜おめぇは物知りだねぇ〜感心したよ』

クマ『あたぼうよ、江戸っ子だってんだい。それでよ、この大きな袋を持って来たって訳よ』

ハチ『じゃ〜よ、俺も用意するよ。お〜い、オッカぁ〜おめぇの腰巻きを取りなっ』



まぁ〜そんな事でクマ公とハチ公は出掛けたのであります。
クマ公+ハチ公=かっちゃんなのでありますが、メールママのご両親の家へと出掛けたのです。
で、頂いたのが・・・・これ


メールママの姪御さんの本命への手作りの残り物だとばかり思ってたけど、中々、手が混んでて感謝。
(中身はブラウニーって名前だそうですが、旨いの美味しいのって、天使の味だぁ)
f0064891_22302423.jpg




チョコを作ってくれた姪御さんのお姉さんの、赤ちゃんを見せてもらってきました。
産まれて数時間の時に見た時とは違って、みるみる成長しているのが判ります。
僕はしぼむばかりなのに、この野郎、いえこのボンは肌もツルツルだし、小さな手足を
バタバタしてるのです。
この赤ちゃんを見るメールママの顔は、助平親父のように鼻の下が延び、声まで1オクターブ高くなってるんです。聞こえてるんかなぁ〜

f0064891_22382728.jpg



夕食は、ご両親を交えていただいてきました。

メールママ『かっちゃん、ご苦労さん』 あれっ、告白の手紙とか、熱い目線とか無いの? それだけ? 
[PR]

# by kattyan62 | 2006-02-14 22:41

聖バレンタイン

かっちゃんです。
おはようございます。

予告させていただきます。
明日は聖バレンタインと申しまして、日本の一般的な行事としては宗教的要素は無く、
女性が男性に想いを伝える事ができる日なのであります。

そこで僕、かっちゃんは花の独身であります事をお伝えし、多くのご婦人の告白を拒絶するものではござりません。
ですが、チョコだけは妹のメールママが用意してくれたので充分なのであります。

影の声
メールママが自分で作ったチョコなら嬉しいんだけど、姪御さんが彼氏のために作った時、残ったチョコを捨てるのはとついでに作ってくれたんだそうじゃないか。

僕への愛の告白は鍵コメでも構いません、どうぞ、どしどし応募くださいませ。

エイリアス『バカだねぇ〜ほんとう、みっちゃん何とか言ってやってよ』

みっちゃん『バカね、話しにならないわ』

僕「待ってよ、何で? 普段から告白したいって思っていても言い出せない人が居るかもしれないやんか」

エイリアス『居てへん、居てへん、居てる訳ないやろ』

また、今年も悲しくも寂しいバレンタイン・ディとなるのかなぁ〜
[PR]

# by kattyan62 | 2006-02-13 09:09

やった〜頑張ったど〜

数日前から昨夜までパソコンのメール受信がパスワードを拒否しだしてたんです。
親友によると、どうもソフトに問題が発生していたようでマック使いの人に多く発生しているようだった。

それが、昨夜直したんです、僕も頑張って待ったのですよ。
結論は、新しい別のソフトをインストールし設定してくれたので使えるように、なるにはなった。
溜まりに溜まってたのも一気に受信できたのです。
道具ってのはさ、故障が無い時はさして気にもせずさりげなく使うけど、いざ故障すると、困るんですよね。
新しくなり、アドレスの打ち直し、使い方の勉強と頑張っております。
今、そのメールソフトで自分に送信して[いとおかしく]遊んでおります。

親友のyoshimacよ、よう頑張ったなぁ〜 ご苦労であった。
(読んでたら偉そうにしてゴメン、ブログではええ格好させてや)
[PR]

# by kattyan62 | 2006-02-12 11:30

花図鑑

(花)ニワフジ(イワフジ) 親友の勧めで、ブログを始めて早くも1年以上経った。

エイリアス『そやなぁ〜俺がお前のフォローしたってるお陰やと思えよ』

そのブログで色んな勉強させてもろうたし、長いお付き合いをさせてもらってる人も少なくない。

そんな、お一人にオーストラリアのクロエさんが居られて、そのブログに記載されてる花々は珍しいってことも、花の種類も凄いと云うか、恐れいりますね。

それに、まだお聞きしてないんだけど、スキンのTOPが絶えず変化してるんです。
同じエキサイトやのにね。

表彰状

クロエ殿
貴女は今までの長き日々、時に怪し気な日本人と職務質問されただろうに(されてへん されてへん)そんなご苦労にもメゲズ撮影された花々の素晴しさ、そして学名や花言葉など、きちんと調査された事で図鑑ともなり、ここにトラックバックをして、そのご努力に報いるものであります。
             平成2006年2月11日、土曜日のはず
               私設ブログ表彰委員会会長  かっちゃん
[PR]

# by kattyan62 | 2006-02-11 10:41

用事が出来た18日

先日、僕の友人夫婦が経営するローソンに電話でチケットを頼もうと、かけたが中々出てくれない。

切ろうと思った時に『もしも〜〜〜し』と懐かしい声が聞こえてきた。
「かっちゃんです、久しぶり〜」

『お〜〜まいど、びっくりするやん、香典を息子さんに渡そうかと思うてたんやで』

ちょっと待て、旦那の口の悪いのは出会った頃からやから判るけど、嫁さんの ○子ちゃんまで移ったんかいよ。

以前のブログでも、彼女は何度か出場願ったが、歩くハーレー・ダビッドソンとハーレージャパンの社長を云わしめた程の美人でスタイルも良い。
それを100kg近い野郎がうまい事やりおって。
その野郎のお父さんも僕と同じ歳だとか。

それから数時間して電話がなった、『かっちゃん、ごめんローソンでは扱うてないんやて』 それから暫く電話で会話してまた食事にでも行こうって事にはなったが、いつ実行される事やら。

ネットで調べましたがな、ここをです。

その会館で、この18日と19日にmikiさんが踊られるのだそうなのです。
それをお聞きしてのチケットなんです。

会館にメールを入れておいた翌日返事をいただきまして、会員になるとチケットを当日窓口で受け取れることや、先行して予約できる、席も良い場所を取れるなど、メリットも多いので、お願いすることにした。

僕「メールママ、mikiさんが踊りに日本へ来はるさかい、行こうや』

メールママ『あかん、お父ちゃんの調子がイマイチやから放って行かれへん』

しゃ〜ないな、独りで行くしかないな。

会館の人から[チケットは1枚で良いでしょうか?]

返事[はい、ご面倒ですが、1枚お願いします]

これでオッケーや、18日は埋まるな、よっしゃよっしゃ、メールママが行けないのは残念やけど、報告はしたろ。
[PR]

# by kattyan62 | 2006-02-10 23:54

菌が蔓延

メールママのお父さんが糖尿病で、昨夜、電話で話してた時に血糖値が高いのを心配しているのだそうだ。
食事制限の中での献立に窮しているんだとか。

そんなのはネットで調べりゃ〜[糖尿病食]てのはあるやろうに。
調べてみたら、ありました、でも面倒な料理が多いんですよね。
それで、本が欲しいとなったんです。(^^;

『かっちゃん、明日でも本を買ってきてくれへん?』 ほら来た〜〜〜

まぁ、暇で退屈し冬眠ばかりしているのも何だし、一丁行くか。

僕のいつも行く本屋は大阪は堂島にある[ジュンク堂]さんです。
ここの店員さんは、東急ハンズの店員さんみたいにプロなんだよね、接客態度も良いし、
本の知識も豊富なんです。
「すいません、糖尿病食の献立について載ってる本はどこですかね?」

お兄ちゃん『はい、案内させますので少しお待ちください』


おねえさん『いらっしゃいませ、どうぞこちらです』

f0064891_18573758.jpg



座り読みのテーブルには、恋人同士らしいカップルが机に肘を突き、顔を寄せ合って話しをしてるのや、本棚から何冊も出してテーブルに積み上げてノートに写してる人が居たり、駐車場が安かったら、ええ遊び場なんやけどね。

目的の本を3冊購入した頃はお昼を回り、お腹が空いてきたなぁ〜


僕「すんません、コーシーとこれとこれとください」

あんちゃん『いらっしゃいませ、サンドイッチとアップルパイが二つですね、出来ましたらお声をかけますので、そちらで少しお待ちください』

僕「レシートを見せれば良いの?」

あんちゃん『いいえ、結構です、間違いようもございませんので』

僕「あら、そうなん/」

あんちゃん『お客さ〜ん、そこの派手なお客さ〜ん、お待たせ〜』

影の声(そんな事を言うはずもなく、ちょっと脚色でした)
f0064891_19172195.jpg




向かいの小さなテーブルに、おねえさんが くわえ煙草をくゆらし、携帯電話とにらめっこしてる、隣の席のおにいちゃんは固まってる、失恋でもしたのか?瞑想でもしてるんか?
人の事よりお腹が空いた、早よ食べよ、おばちゃんが本を待ってるわ。





電話しよ

僕「もしも〜し、来たよ」

『いらっしゃ〜い』おや、電話を間違えたかな、三枝さんやんか。

メールママに本を渡し、ラクダ〜ノさんから頂いたイスラエル名物の笹寿司を持って、
ご両親の家へお邪魔いたしましたんです。

「うんちゃ、まいど〜  本屋で寿司屋で〜す」

おばちゃん『かっちゃん、ありがとう、ごめんね』

僕「これさ、ラクダ〜ノさんから頂いたので、お裾分けね」

おばちゃん『昼ご飯、食べたけど、寿司ならオッケーよ』


影の声(げに恐ろしきは、ご婦人の胃袋の偉大さよ)

f0064891_23195159.jpg




ガチャ  

おばちゃん『お父ちゃん、運動はすんだん?』

お父さん『うん、あっ南さん、いらっしゃ〜い』やっぱり親子や。

僕「お邪魔してます」

お父さん『南さん、悪いけど介護用品の店に連れて行ってもらえませんかね?』

僕「ええ、いつでも良いですよ」


介護用品店で少し遊んできました。
介護保険を利用すると安く借りられるもんなんですなぁ〜
電動の三輪車、これが月々23000円、それを10%で貸してもらえる。

お父さんはこれに乗りたいのだそうだ、だがメールママとしては歩いて欲しいのだ。
ここで、意見が食い違う。

おばちゃん『目がはっきり見えないんやから危ないやろ?』

お父さん『ちゃんと見えてるよ、心配ない』

おばちゃん『それより、こっちの押して歩く方がええねんて』

そこの店員さは、介護人の方に聞いて欲しいと言うのだ、保険を使うとすれば、時に
電動カーに乗ると歩けなくなる人も出るのだそうで、決めるのは介護人の意見が大事なのだそうだ。  さすが国が管理を始めると色々と面倒になるんやなぁ〜

かっちゃんはメールママの家で、洗い物を済ませ、ご飯を5合洗い、スーパーで買い物を済ませて帰ってまいりました。

大阪人は納豆を食べない、いや嫌ってるのがなが〜い、伝統だったのです。
ところが、匂いのしない納豆なんぞを開発し、納豆を関西人にも喰わせろと関東人は画策し、それに載ってしまったのだ。
近年では、すっかり納豆菌に侵されてしまった関西人にも僕のような、気骨のある関西人も居てるぞと・・・・買ってまいりました。





f0064891_23273558.jpg


[PR]

# by kattyan62 | 2006-02-09 23:29

世界は一つになった?

ピンポ〜ン ピンポ〜ン ピンポ〜ン

「は〜い」


『宅配で〜す』

「寒い中をご苦労さまです」

『いいえ、印鑑をお願いします』

「はい、ポン」

なんじゃろかい?



f0064891_1050180.jpg




送り主は〜と??  


ヤァ〜エスラエルに住むラクダノさんやんや〜!!!

エイリアス『おい、ちょっと待たんかい、エスラエルとちゃうやろイスラエルが正しいんやぞ』

僕「アホな、そんな事言うはずないやろ、イスラエルに決まってるやんかい」

エイリアス『判った〜 イスラエルのエルサレムに住んでる人やから、二つ重なったんやろ、お前には時々そんなトンチンカンをするからな、前にも[この坂、長い]を[この長、さかい]て言うたん覚えてるやろ?』

僕「そんな事あったかなぁ〜記憶にございませんが」


そんな事より中身、中身

f0064891_1059184.jpg



ワ〜寿司やがな〜

嬉しいやん、滅茶嬉しいわ、笹寿司はよう食べたんや、みっちゃんの好物やさかい仏壇にあげよ。  

「みっちゃん、ラクダノさんから貰ったよ」 チーン チーン 合掌 


世の中便利になり、世界中と殆どタイム・ラグもなく無料で通信ができるようになり、情報など共有できるようになったんですね。
しかも、イスラエルでも[笹寿司]が名物になりつつあるんですね。

エイリアス『もう〜 そんなはずないやろが、情報は簡単に送れても物が行き来するには時間も経費も必要なもんよ』

僕「な〜んや、そうやったんかいな、てっきりイスラエルでブレイクしてると思ったがな」

けど、高い物をたくさん送って(贈って)くれたラクダノよ、感謝しているぞ。

エイリアス『何や、そのデッカイ態度に呼び捨てにしてとはどうよ?』


僕「ええねん、僕の隠し子やったんや、若い頃にいっぱい遊んださかい、どの女の人の子か判らんけど、美人やし性格美人でもあるねん」

エイリアス『会うたん?』

僕「いいや」

エイリアス『あ〜疲れる奴やなぁ〜』

僕「きっと美人に決まってる」


エイリアス『小耳に挟んだけど、イギリスにも娘が居てるやて?』

僕「え〜もう耳に入ってたんかいな、妹(メールママ)も居てるし、娘が二人も増えたし、幸せいっぱいや、胸が熱うなるわ」

みっちゃん『かっちゃん、あんた、隠し子てどうゆ事?』

僕「いえ、あの〜 その〜実はお前と結婚する前の話しやがな、歳を聞いてみいや」

みっちゃん『あんた〜ayacoccoより若いて言うてたよ、悔しい〜』ポカッ




イテテテテ  飛んだ騒動になりましたが、遠くエスラ もといイスラエルの地から届いた嬉しい便りでございました。    
ほんま、思いっきり殴らんでもええのに イテテテテ
[PR]

# by kattyan62 | 2006-02-09 11:22