かっちゃん、頑張るの日

今朝は5時に起きた。
風呂に湯を張り入浴する。
これは、メールママが『煙草臭い〜』と眉間にシワを寄せるから、その臭いを落とすためなのです。

8時頃に、メールママの家のインターフォンのボタンを押した。

ピンポーン ピンポーンピンポンピポンピンポン

お父さんとメールママを乗せて、紹介された眼科へ行ったのです。
そこは大きな眼科で、医師だけでも20人余りが登録されているのです。

そこで検査と待ち時間で12時が過ぎた。
普段、12時には食事をするお父さんのお腹とメールママのお腹を考えてサンドイッチを買っておいたのです。

診察の結果、お父さんの網膜に変なのが形成されていて、見えずらいのだそうで、
それを取る手術をする事になったのです。
老いてくると、誰にも形成されるのだそうですが、歳だからと気付かずに終る人も多いとか。

そして、その手術って怖い〜〜〜
この手術って、麻酔されてるとはいえ自分で見えてるんだもん、恐ろしい〜

手術のための身体的検査と予約を済ませて、帰り着いた時は3時過ぎ。
夕食を5時にする、この人達ですから何かを用意しよう。

そこで、シェフかっちゃんが作ったのが・・・・

一応、ミネストローネと思うのです。
f0064891_21345951.jpg


大量に作ってやった〜

メールママ『かっちゃん、カレー味のも作ってぇ』

僕「は〜〜い」

2年前の僕が影の男友達だった頃、息子さんや、ご両親と顔を会わせないように腐心していたのです。
映画に行く時も遠くに車を停めて待っている間抜けは僕。
それが今や、ご両親の食事を作り、一緒に食べているのです。
かっちゃんは男メイドになってしまっているのです。
そんな事に喜びを見つけた僕ってMなんだろうか??

メールママ『洗い物は、濯ぎ(すすぎ)を丁寧にね』

僕「はい、判ってますって任せなさ〜い」ゴシゴシ

僕「では帰りますね」

メールママ『ご苦労さま』

僕「それだけ? ハグは?」

メールママ『アホッ』

僕「ダメ?」

メールママ『あかんに決まってるやん、兄貴やろ?』

””此処がアメリカやったらなぁ〜””
[PR]

# by kattyan62 | 2006-02-20 21:46

温故知新?

最初はダンスの公演に、このタイトルは何じゃ? と正直、思うたんだす。

ほんで、静岡を11時前に出発して東名高速道路から名神高速道路を走って京都東。
 
予約してあった店でケーキを受け取ったのです。
何故ケーキかって?

メールママは言うんです[花より団子]って、そりゃぁ〜そうでしょうよ、疲れた身体には花も悪くはないでしょうが、やっぱり甘い物がええでしょう。

それにもう一つ、このケーキを食べて太ったmikiさんを見たいと思いません? イッシシシ

目的の[ALTY]へ行き、これまたホールに予約を入れてあったチケットを頂きに事務所へ行くと皆さんとても親切に応対してくださいました。

開場には暫しの時間があるので列に並んだけど、女だらけや〜
 
花束を持ってる小さな子供さんと、そのママに、どうもダンスをされているような雰囲気のご婦人の姿も多い。


f0064891_2342464.jpg



でもね、男は僕だけでなくて良かった、数人の男性が目に入った。
良かった〜 女風呂に紛れ込んだんとちゃうんや、多少白い目で見られてるようで、お尻がこそばいと感じてたもんなぁ〜

前列から2列目の真ん中はまずいさかい、ちょっと横に席を取ったんよ。
そこから写真でもと準備してのによ、アナウンスで[写真はあかんえ]と・・・・・

ブザーが鳴り、ホールが真っ暗になった、その時は心臓が飛び出すかと思う程ドキドキしたんです。
エロ親父と異名を取る僕ですが、この時はそうゆうドキドキではなくて、モダンダンス(このジャンルでええとは思えない)初めて観るのです。
いえ、TVではBSで観た事はあるから想像はしています。

一幕目の演目が終って、舞台の右袖にテーブルと椅子が用意され、何が始めるのか???

そると、皮のパンツにセーターを着たmikiさんが現れたのです。
よっ 待ってました〜

mikiさんと5〜6mしか離れてへん。ドキドキ ドキドキ



mikiさんが、話し始めた。
スクリーンには、バレェが始まった当時のロングの衣装[チュチュ]とその意味、そしてバレェがロシアに渡り[白鳥の湖]に見られる超ミニの[チュチュ]の目的。
そしてマーサ・グラハムさん(呼び捨てにできない程の人)に始まる新しい舞踊としてのダンス。
そして、踊る彼女達の普段の練習に儀式のようにされている動き、その一つ一つを猿の脳味噌の僕にでも判るように教えてくれるのです。

椅子に座らずに、床に足を延ばして座るだけで腹筋を使うそうな。
そしてヨガの要素も含まれ、エクササイズとも成りうる動きを、大勢のダンサーが練習着で普段通りを演技するのです。
正面を向いたグループ、右を向いたグループと、左を向いた三体の姿勢が客席から見れるような工夫までされているのです。

字幕スーパー付きのオペラを見るようなと言えば判るでしょうか?
マーサ・グラハムさんのダンスの映像もスクリーンに映し出され、その解説をmikiさんがされる。
そして次の演目で、mikiさんが[それ]を踊られたのです。
その動きの一つ一つに鍛錬された無駄の無い筋肉の躍動を観たのです。

その一つに、足を曲げて力を貯めての跳躍は高さの違いは勘弁願うとしたら僕でも可能でしょう、だがmikiさんは、殆ど屈伸したように思えない姿勢から跳躍するのです。
ゼンマイ仕掛けの人形のようにです。

モダンダンスを観て鳥肌が立つなんて想像すらしなかった、異名通りご婦人の身体の線をチェックし、スクラップ・ブックにストックしようと思うた僕が恥ずかしい。
そういや以前、[リバーダンス]の日本公演を見に行った時も鳥肌が立った。

カナダの男性が舞うコミカルなバレェ[白鳥の湖]にも驚いたもんだった。
骨太で体重のある男性がトゥ・シューズでつま先立ちする事は不可能とされているそうなのに、彼らは超ミニの[チュチュ]を着け、白鳥の象徴の飾りを頭に着けて舞うのは見事としか言えなかったもんだ。

僕は批評家でもないが、ダンスってカラオケで少し練習すると誰にでも歌えるような薄いものではなく、相当な時間を懸け練習に励まんと踊れない事を再認識した次第でありまする。

最後に[温故知新]の意味が解りやした。
皆様、どうぞ万難を排して一度と言わず観劇してください。
爺の僕を感動させたダンス、声を大にして言いますぞ。



mikiさんおおきにね。

エイリアス『何処が大きな声や聞こえへんがな』

mikiさん、大きな感動をありがとう〜
[PR]

# by kattyan62 | 2006-02-19 03:38

娘と猫と2人の子供、旦那は留守。

17日の朝、4時に起きて顔を洗い髭も剃らずに出発。

高速道路を東へ走って名古屋の手前まで来た時に朝日が登ってきた。
こんな朝日を見たのは何年振りやろ。
エイリアス『そうやん、年寄りは早起きやのに、お前はいつまでも寝てるもんな〜』
f0064891_0483462.jpg



娘の家に到着したのは、午前9時頃やった、ここに会社があっても出勤できるちゅうこっちゃな〜

僕「お前、また太った?」

娘『アホッ、眼鏡を掛けや、娘を抱いてるんやろ?』

僕「あっほんまや〜、太ったと思うたんはチビかいな、ヨシヨシ」

チビ『フギャ〜

チビ母『まだ見慣れてないさかい、顔を見せたらあかん、暑苦しい顔してるんやからね』

僕「あんな、本人が努力して直るもんやったらええけど、こればっかりは・・・・・あっお金を賭けたら治るんか?』

娘『救いようがないわ、それより父ちゃん、どっかへ行こか?』

僕「え〜今着いたとこなんですけど〜」

娘『明治村へ行こ、決めた」

娘の家から1時間程で岐阜県の明治村へ着くんですね、それに娘はここの住民票を取得しているから入場は無料なんですって。


裁判長『判決を言い渡します、主文、かっちゃん、君は年寄りだってぇ〜のに、いつまでも寝てる、派手な服を着て大衆を惑わせる事おびただしく、よって金沢の監獄に収監し、10分の独房入りを命ずる、本日のお白砂はこれにて 一件落チャ〜〜ク』

僕「恐れいってございます〜〜」



f0064891_135552.jpg


警察や、刑務所も丁寧な言葉使いになってる、警察も民営化するんやろか?
何でも、警察もこんなサービスを始めたって話し犯罪のお知らせなんやて、何でも、全国版で申し込んだら携帯電話のメール受信が鳴り止まなかったって話しよ〜。
f0064891_143033.jpg



看守『かっちゃん、お前も これからは心を入れ替え神を敬い年寄りらしく生きていくのだど/  東京に良い教会があるから紹介してやる』



これで、[とうきやう]へ行くんや〜 嬉しいかもなぁ〜
f0064891_171963.jpg



花のお江戸へ着いた〜
f0064891_127661.jpg


教会の後は、ホテルにでも投宿しましょう、ちょっとリッチに帝国ホテルだぜ。

f0064891_1201225.jpg



昔はこの市電で京都から札幌まで行けたはずやったのに〜〜
[とうきゃう]から[なごや]になってもうてるやん。
f0064891_1351027.jpg



僕「まぁ〜兎も角は2、2人で食事しよか?」

娘『日本ソバが食べたいねん、こっちこっち』トコトコトコ
さすがは、ここの住民権を持ってるだけはある、よう知っとおる。
(以前、娘から別居したからねとメールを受信して驚かされたものだった、この明治村の村民権を取得したって事だったのですよ、もう心臓がパフパフしたのよね)


さぁ〜18日はmikiさんのダンス公演を見に行けるぞ〜
(と云うような事で、文章よりも写真で疑似体験を楽しんでください、えっ/もう読んだて? すいませんね〜)
[PR]

# by kattyan62 | 2006-02-19 01:47

まだやってるの?

昨日、今日は楽しいと云う言葉では表現できない程楽しかった。後で報告します。

僕の古い、ブログ友達達が不愉快な思いを今もされているようなんです。
実名をあげないが、相手は判っています。
それなのに、僕の友達たちは名前をあげない良い人達なんです。
そして、その人に対して報復もしないで[やめて/]と優しく言ってる方々ばかりなのです。

報復すると、それは、その人と何ら変わらぬ低俗な人間になると知っているからでもあるのです。

でもね、犯人さん、いつまでもやってると、火傷するよ/
僕のとこへ来てごらん?

[PR]

# by kattyan62 | 2006-02-19 00:10

mikiさんや~

静岡を出て、京都府立府民センターALTIでダンスを鑑賞したど、ご婦人ばかり多くて恥ずかしかったわ。 エイリアス「へっ 嬉しかったくせによっ」最初にダンスがあって、mikiさんの話しを聞き、グラハムさんの偉業を知るところとなった頃には皆さんの動きの中に長年の鍛練による素晴らしさに鳥肌が立ちました。このダンスがヨガやエクササイズとしても・・・鳴呼凄かった mikiさん ありがとう
[PR]

# by kattyan62 | 2006-02-18 17:38

行ってきます。

明日は(もう日が替わった)戸籍上の娘の家に行きます。

朝、5時に出発するつもりだけど、起きれるかなぁ〜

4時起きだもんなぁ〜 ちょっときついかもなぁ〜

泊まるかあ日帰りか、思案中です。
[PR]

# by kattyan62 | 2006-02-17 00:01

旨いラーメン&餃子

携帯電話が鳴った、この電話が鳴らすのは、息子か間違い電話ぐらいだった。

『かっちゃん、今夜、約束のラーメンを喰いに行くけどええか?』
こいつは、僕の好きなバイクの販売店の店長で、どうゆう訳か妙に気が合って友達と思っている。

こいつにラーメンを奢れと言ったのは昨年の事だったはずだ。
それが延び延びになり、やっと今夜実現する事になったのだ。

息子と同じ歳なのだそうだが、若いがしっかりしてて性格も良い。


f0064891_045272.jpg



バイク屋の店長『今から行く店は、僕のお袋の同級生なんよ、そして偶然なんやけど妹の婿が働いてるねん、旨いラーメンやし餃子もいけるから』

車で家まで迎えに来てくれて、かなり遠くのラーメン屋さんまで行ったのです。
その店で、義理の弟に指を4本立てているではないか。
「誰か来るんか?」と訪ねると○田君とその彼女だと言う。

おお〜懐かしい男やん、やはり息子の友達の一人なのだが、僕の会社へバイトに来てくれたけど、へつらわず、ため口すら吐く面白い男なんです。
○田君『お〜ジジイ元気にしてたんか〜もうてっきり奥さんのとこかと思ってたのに』

○田君『彼女です』

彼女『初めまして〜』

○田は、時々敬語を使いながら、僕のとこでバイトした事や、ツーリングをした経緯を彼女に説明し、トンでもないクソジジイだとも言った。

今、会社を立ち上げ社長となったと名刺を出した。
そこには有限会社ビフォープランニングと書いてはあるが、何をしているのか知れたものじゃないんやろと聞いてみたら、以外と真面目に仕事をしているようだ。

そいつがまだ、30歳前と云うが老けてるんちゃう?

シモネタなどはこいつに教わったようなもんで、その事については僕の師匠なのだ。
f0064891_0572069.jpg



美味しいラーメンに餃子を1人前を頼んだ、ラーメンは出汁まで飲んでしまった。
餃子も残す事後二つ。
僕「な〜んや、後二つしかあれへん」

バイク屋の店長『すまん、餃子を後一人前追加したって〜』

バイク屋の店長『自分で頼みいや』

僕「お前の驕りやろ?気兼ねしてるんやん」

バイク屋の店長『どこがやねん、しっかり食べぇや、土産に持って帰ってもええよ』

この次は、きっと僕が奢る番になるだろうなぁ〜

気持ちの良い連中だ、家まで送ってくれた店長、ご馳走になってあげたからね。

しまった〜ラーメンと餃子の写真を撮るの忘れてしまった〜
[PR]

# by kattyan62 | 2006-02-16 01:10

千絵子さんからだ〜

10年バトン

とても難しい難問です。

Q1.10年前に愛していた人を、今でも一番愛していますか?


A)勿論と胸を張り自信をもって言いたいとこだけど、正直言うと逢えなくなって4年の月日が流れ、当座は身悶えするほどに恋しかった妻の笑顔が薄らいできたのです。



Q2.10年前に頑張っていた仕事を、今も続けていますか?


A)同じく4年前にリタイア。

Q3.10年前いつも一緒だった友達は、今も一番の親友ですか?

A)今も付き合いのある奴も居るが、新しい友も多くできた。
それは、僕の環境の変化に手を貸してくれた人達でもある。

Q4.10年前泣いた映画で、今でも泣けますか?

A)具体的にこれと、思い出さないと答えられないが、より涙脆くなっている事を思えば大泣きするかもしれない。

Q5.「10年前楽しみだった誕生日」は、今も楽しいものですか?

A)1月4日の誕生日なので子供時代から誕生日=楽しいという定義は無いのです。
むしろ、今が過去よりも楽しいかもしれない。

Q6.10年前星を数えた夜空を、時には見上げていますか?

A)当時は会社組織にして間もなくで忙しく、星空のあった事さえ忘れがち。
そんな時、妻と行った久住高原の星空が綺麗だった、それと同じ星空の無い都会だけど、時に見上げている。

Q7.10年前にしていた恋のように、今もときめくことはありますか?

A)正確には、妻との生活は24年程経っていたから、妻と結婚した当時と思ってみると、青年の熱き血潮は冷えてはいても、ときめきたいものだと考えている。

Q8.10年前になりたかった自分に、今なっていますか?

A)妻の早い死と云う想定外の出来事があり、夢を投影するスクリーンが消えた。


Q9.10年前に探していた自分の居場所は、みつけられましたか?


A)同じ理由で、夢、居場所、職業も消え去った。

Q10.10年前の正義感や情熱を、今も持ち続けていますか?

A)正義感、失うものが無くなった今、言えなかった迷惑行為を注意できるようになったが、情熱はどうだろう、熱き血潮が冷え愛する人が去った時、何が僕を燃えさせる?

Q11.この10年間、精一杯生きましたか?

A)僕には答え難い質問ばかりで申し訳ない回答ばかりになっちゃいます。
妻が去り、数ヶ月は生きてる事を恨んだもんだった。

Q12.10年前の自分に会ったら何と語りかけますか?

A)あり過ぎて無回答に。

Q13.このバトンを回したい5人

A)これを読んでドキドキしている貴女へどうぞ、お願いいたいます。
[PR]

# by kattyan62 | 2006-02-15 18:57