<   2011年 12月 ( 37 )   > この月の画像一覧

書きなぐりました。


人として

 『頑張ってますこれ以上頑張れません』と言える時は未だ余裕があるように思います。
本当に辛い時の顔って笑っているような顔になっているはずです。歯を食いしばるところから、うんと進行すると悲鳴に似た声が命を絞り出すように喉元を出す意識も無しにでます。その瞬間は笑った顔と同じなんです。その時の辛さ、それに耐えている時こそが頑張っていると他人の目に映ります。自身は頑張っていると思う心さえ何処かに消え、ただ辛さに耐えるだけで懸命なんです。

 もしも、誰かが辛いと思う時が巡ってきても、本当の辛さではありません。ですから、何てことない事象だと思い起こして耐えてください。きっと明日は耐えたことすら笑って話せる日になっています。

 こんな事を思い付いたのかと言いますと、水木しげる氏の戦場での体験であった生死を分ける頑張りは、笑顔を見たから思い出したんです。もしも、そんな苦痛を体験せずに済むならそれは幸いです。

 みっちゃんが病でなく、自分で彼岸へ旅立ったことを救えなかったこと、その事を考え、苦痛を思い、幼児期の苦労を報いてやれないままに見送った自分が許せなくて・・・・・・
後を追うつもりで腹に日本刀を当てました。バッファリンをいっぱい飲んでからです。
その時に色んなことを考えました。 走馬灯のようにと言いますが、まさにその通りでした。
知人、友人の励ましてくれた言葉、それはありがたいことなんですが、心に蓋をしてしまっていて届きません。
こんな場面に慣れている友人の坊主の慰めすら遠く、意味の無い言葉のようでもありました。
日本刀を握り締め、グッと力を入れれば終わってしまう。そう思った瞬間、みっちゃんの笑っている顔が浮かびました。優しく微笑んだ顔です。
肩の力が抜け、ヘナヘナとなってしまい、ソファに座り込んでしまってから、何も考えられなくなってしまいました。 今、命のあるのを感謝しつつ今日を生きています。

 そうそう、今日、今から娘の家の留守番に出掛けます。二匹の猫が待っています。
浜松に来て初めてのお泊まりです。広い家に猫と数日を過ごします。 こんな楽しい時間が貰えるのも生きていたからこそです。 ハハハ 笑ってありがとうと言いたいです。

 
[PR]

by kattyan62 | 2011-12-31 14:06

年末年始


久しぶりに年末年始にすることが出来た。

 それは娘からの電話で決まった。
年末には、ミカンを食べながらテレビ浸けでと思うともなしに、そうなるであろうと予想していたのですが、娘ら一家総出で大阪へ行く用ができたのだそうだ。
舅姑殿も大阪の娘の家で過ごすのだそうな。そこで、仰せつかったのが留守居の家の守です。

 家では二匹の猫が留守番をする。留守番をする猫のお守りをしろってことらしい。
此処に来て以来、初めてのお泊まりとなる。 それも31日から正月に架けての数十時間ではあるけれど、猫のトイレ、餌、水のお世話をします。
ベルは未だに僕を認めていない。だからこの際に仲良くなれることを期待して世話をしたいと思います。

 皆さま、良いお年をお迎えください。 そして来る年も健康であられんことを真に願って止みません。
[PR]

by kattyan62 | 2011-12-30 14:55

たまの主夫なんだわ


後二日で全てをリセットして新しい年を迎えます。

 何はともあれ、赤ちゃんの笑い声って吊られてしまいまっしゃろ? 笑うて行く年を惜しみましょ。


 大掃除は寒いから啓蟄を迎えてからにするとして、今日は買物に出掛けましてん。
年末や云うても田舎のことですから、然程の人口が居るわけでもないさかいに混雑してまへん。

 重い荷を背負い帰ってきて直ぐに取りかかったんがこれ。 バケツに川で拾ってきた石と皿。
f0064891_20584024.jpg



 正体は赤カブ12個分です。甘酢漬けにする前に塩で余分な水分を取りますねんね。それが上の写真でおます。 酢を買うのに店員さんに i phone見てもらって、赤カブの重量を知りたい旨伝えましたら、両手で抱えて軽量に行ってくださいました。ええ人や〜 もっと欲しかたけど買い占めてもうて、もうあらへん。
娘が喜んでくれたらと思うとります。
f0064891_2112870.jpg



 鍋には大根を生米と共に茹でてから、改めて別の鍋で味付けをしましてんよ。冷ましながら味を染み込ませてるとこです。ユズ味噌を買うん忘れたやんか〜 
f0064891_2135870.jpg



 僕だって、頑張るときにゃ頑張れるんよ。腹減ったなぁ〜 
[PR]

by kattyan62 | 2011-12-29 21:16

もどかしい


過ぎ去った年月は短く感じます。

 歩くのさえ、おぼつかなかった子どもたちが走りだし、学校へ通い、悩みに応えられたこともあった。
子らの成長した姿が妻にとっての感動の大きさにさえ気付かない、朴念仁だったことも遠くなってしまった。

 その子らが自立し、手の届かない所まで遠くなった。
見えもし、触れるところに居るのだけど、彼らの悩みは僕の及ばないものとなってしまった。

 動物たちは、自立した頃に住みかを追い出してしまう。後は彼ら自身の命を生きることが親孝行と言えるのだろう。
 僕の今の経済環境であるが故に、子らへの関わりが出来ない。 
それは、或る意味での子離れ、親離れなのかもしれないと思うがもどかしい。

 幼い孫にも悩みがあるらしい。
子どもだけに押し潰されるような程ではない。学校や塾での義務が煩わしいと想像させる事象が夏の暑い日にあった。
書道で、展覧会に提出しするものを書こうとしない年長さんの妹孫の頑固さは、みっちゃんのそれに似ていたし、幼い頃の娘にも見られた頑固さは、自己の形成が出来つつあるのだろう。 
書道教室の先生と話し合った。先生は、関西の百貨店での展示会に出品しないのは寂しいだろうとの心遣いだったのだが、見に行って自分で感じ取らないと寂しさは伝わらないはず。書道で書く文字が美しい子にはなって欲しいし、書道から得られる何かを感じ取ってもらえるなら、一度や二度の失敗は勉強になるはずだし、そうした繰り返しが図体の成長同様に、心を成長させて行く。
彼女らの抱える問題や悩みに触れられる距離にあることは嬉しい2011も年末。
 彼女らが良い年を迎えられることを願っています。 
 
 健康が何より、健康でありさえすれば心も健全で、問題があっても解決するもの。
健康で良い年を迎えられます事を願っています。

 
 
[PR]

by kattyan62 | 2011-12-27 13:09

善行


コンピューターの性能を決める数字があります。ハードディスクやメモリー、演算速度などなど数字が決めています。
また、車やバイクの性能も重量に対しての排気量、馬力、トルク、加速性能に燃費などが車両の価値と価格を決めます。

 人間の性能を決めるのにも数字があります。IQであるとか、運動能力での走る早さや飛べる高さです。
けれど、それらの数字とは関係なく、性格の良さを決めるための値はありません。全ては過去の行いでしか表せませないからです。
『あの人はええ人やね』と言われるためには、何年もの時間が必要です。
それに伴う行動を加算すれば、膨大な時間になりましょう。例えば、災害のボランティアに参加したとしても、数時間では済みませんし、海外援助隊に参加した人たちも数年の単位になりましょう。
世界には偉人と云われている善人が居られました。ナイチン・ゲール、マザー・テレサなどは、自己犠牲の上に生涯を捧げられたのです。

 僕たちの住む日本にはそこまでは行かずとも、大半は善人として天国、或は極楽の帳簿に善人として登録されているはずです。 
この場合の善人とは、自分と云う個人以外の人への善行です。夫、子ども、孫などを愛おしむ心に悪は存在しません。その善の心は、近隣の子らに向き、災害地やアフリカの飢えた子らに善が贈られます。
そして、その善は他人の評価を得なくとも、自己が認識することで天国&極楽の帳簿の花丸シールが追加されますね。 一日一善 今日はおうちcoopの兄ちゃんに「寒いのにお疲れさま」と。


 
[PR]

by kattyan62 | 2011-12-27 00:01

Merry Christmas


二十歳前後の今日

 心斎橋近くの病院のベッドで足の痛みに耐えていた。
あれは繁華街のネオンが瞬き始めた頃、日本の名車ホンダ・スーパーカブを駆って御堂筋を南下していた。
それは、そごう百貨店の南端と大丸百貨店の間の交差点で起こった事故の結果だった。
ガツンと衝撃を受け、信号の少し南側に落ちる空中の記憶もある。ドスンと落ちた時の記憶も残っている。
車を運転していた人が奈良まで帰るのに渋滞で遅れ、大丸への納品もあり急いでいて後方を確認せずに左に曲がったために、ガードレールと車に挟まれてしまったのだったが、骨折もなく、両足甲の打撲だけで済んだ。

 大丸百貨店前の御堂筋に落ちた。直ぐに『兄ちゃん、動いたらあかん。直ぐに救急車が来るさかいな』と火の点いたタバコをくれたオッチャンの息が酒臭かった。頭に真っ赤な三角帽を冠り、顎に黒いゴム紐が食い込んで、話す度に深くなる二重顎が可笑しかったが痛くて笑えないながら、タバコを深く吸った。

 お母ちゃんより早く知人のオバチャンが来てくれた。小さな手帳の電話番号から警察官が片っ端から電話したことを後で聞いた。家には電話がなく、周り回って聞いたとお母ちゃんから聞いた。
オバチャンはお母ちゃんを誘い買物に出掛けた。二人が両手に一杯の荷を持って帰ってきた。
家にそんなお金のないことを知っている。オバチャンが買ってくれたそうだ。
オバチャンには11人の子どもが居て、夫は鉄工所を経営していることもあり裕福で末娘の婚姻用とか随分と呉服も買ってもらった。
 
 オバチャンは病室に炭火の入ったカンテキ(七輪)を持ち込み、網の上で天津甘栗を焼いてくれ、それをお母ちゃんが剥いてくれた。
買物の荷も、過分な見舞金もお母ちゃんが持って帰り、当然のように生活費に消えた。
給料の全てをお母ちゃんに渡すと、中から小遣いをくれる。 それが普通と思い、お母ちゃんの役に立っていることが嬉しかった。

 クリスマスになると、上記の事と結婚前のみっちゃんと行ったパーティの二つを思い出す。
アイが居た頃の此処では、クリスマスを祝う習慣のないアイと僕だし、当時は論文の提出日も間近ともあり、世の動きに気を取られている間もなく、夢中で調べ、書き殴っていた。

 あれから2年目、静かな日々が戻り、クリスマスだからと云っても普段と変わらず、外は強い風が鳴っている。
アイからメールが届いた。中国でも年末を控えて忙しいく、出張続きで外食し太ったのだそうだ。
そして最後に ”奥さん、浮気をしないように”と書き添えてあった。
  メリー・クリスマス  素敵な夜を
[PR]

by kattyan62 | 2011-12-25 17:08

レスポンス Responce 反応


レスポンスという言葉があります。

 車やバイクに乗る人たちの間で、性能面での改造をこよなく愛する人たちは、このレスポンスの向上を目標にします。
え〜っとですね、アクセルを踏んで加速する場合、排気ガス抑制のために加速するのに時間を懸けるようにコンピューターが制御していて、俗に云う所のレスポンスが悪くなっています。
また、高級車と呼ばれる車は、余計な装備のために車体が重く、左へハンドルを回してもイナーシャ(慣性)のためにワンタイム遅れて左へ動きはしますが、大回りしてしまいます。 
それらの不快感を除いたのがスポーツ車で、車体は軽く、バネは固い目に作られています。
左へハンドルを回すと、ハンドルの動きに然程の遅れもなく、左へ動きます。また、時速50kmで走っていて、アクセルをイッパイに踏み込んだ瞬間、タイヤから煙を出し、空回転して一気に加速します。
その加速感は、ジェット機に乗られた時、離陸する時に背中を押されるアレです。ジェット機に敵うわけではありませんが、アクセルをググッ  かいか〜ん

 僕が乗っていたバイクは、オッサンタイプが1450ccで、スポーツタイプは1200ccだったのですが、エンジンの回転数が国産のバイクの半分以下でしたから、速度や加速では国産の750ccのエンジンにも敵わないのです。しかし、遅い回転数から発せられるエキゾースト・ノイズは心地良いのです。また、遅い鼓動の振動はシートから全身に伝わり、エンドロフィンの分泌となります。 その事がアメリカバイクの代表としてのハーレー・ダヴィッドソンを今も愛好者の多い理由なんです。

 会話においてのレスポンス
四文字熟語やカタカナが頻繁に飛び出すビジネスマンが居る。
僕がサラリーマン当時もそうだった。営業をしていて、相手さんは見下したような態度でこちらの技量を探るために、そうした言葉を盛り込む。
お返しをしなくてはいけません。この面接に打ち勝つことが今後の商いに影響するからなんです。
そこで彼に話すのは「彼方は中身のプロだが容器については素人、当方は容器についてのプロだが中身は素人です。悪く云えば素人同士ですから、互いに手を繋ぎ協力し合わねばライバルに負けてしまいます。本当の敵はライバルだからです」と進言しますと、彼をグッと引き寄せられて僕の術中に落ちるのです。
 
 ビジネスでの会話は受け取った言葉を即座に理解して、対応する言葉を探して利益に繋げなくてはなりません。そこに駆け引きというウソが存在します。それだけに選ぶ言葉は純粋な大阪弁は商売人のイメージを与え、腰を引かれてしまいます。ですから、大阪弁でない大阪弁となります。何のこっちゃと思いましょ?
相手さんを怒らせないで言い分を通す。ここに大阪弁の妙があるのですね。
大阪人の会話で、酷い言葉を発していながら笑ってしまう。
大阪時代、娘が電話をしてきて『おい、生きとるか?』が挨拶になっていた。 相手が若者なら冗談で終わるが、高齢者に対する場合は、日々の生活の中に病への不安が付きまとっている。そこへ『生きとるか?』ときて笑えるのは大阪弁ならではであり、相手との過去の大阪的関係が裏打ちされなければならない。 見知らぬ人にいきなり聞いて笑ってすむのは、それを売り物にしたキミマロって芸人くらいでしょう。
そうした関西的冗談は関東人には控えないと顰蹙を買う言葉もありましょう。関東男に京女が結婚の理想だと言われたことがありましたが、関西人は関西人同士がよろしい。日々の会話に笑いがあり、料理の後のディザートの感覚を得られるものと思っています。 

 それを今痛感しているのです。浜松の田舎、或は繁華なところであっても、冗談の通じない人が多いのですね。勿論、関西人にも冗談の通じないのは居ます。ですが、相手さんの顔を見ながら様子を伺ってチョイチョイと投げると反応しだします。ハハハ 日々に笑いを 苦しい時こそ笑いを忘れないようにしたいですね。

 今が苦しい時と思っていたら作り笑いでも良いから笑ってくださいね。 いつものレスポンスの良いあなたに戻れます。きっと良い方向で解決します。
 
[PR]

by kattyan62 | 2011-12-24 12:54

i phoneを叱る


息子にドコモの最高機種を買ってもらっていた。

 2010年の6月の初め頃に、ショッピング・モールを歩いていて捕まったのがSoftBankのお兄ちゃん。
ドコモから乗り換えると無償でi phoneをとの申し出を喜んで受けた。
16GBのHDDを持つ3Sだった。嬉しくて楽しくて一気にスマート・フォンの虜になった。
i podを持ち歩かなくてもパソコンにある1700曲の音楽を聴くことができ、専用のイヤフォンも音が良い。
しかし、耳穴の大きな僕だから強く首を振ると抜けてしまうのが難点ではある。

 今日、映画を観ていた時だった。劇中にボクサーのタイソンが出ていて、彼はホテルのスィートで聴いていたのがフィル・コリンズのIn the Air Tonightだった。確か持っているはずとi phoneのアーティストでPhil Collinsを探したが、何処にも居てへん。
パソコンでi tunesで探したが見付からず、買おうかと思って、一文字づつ消していたら出てきた〜
スペルも間違うてへんし、アーティストで探したのに、かっちゃんは怒りまくってます。

 プレイリストにファイルを作って納め、無事に検索できるようになった。

[PR]

by kattyan62 | 2011-12-23 20:19 | Music

またもや同じ味に


おんなじ

 昨日の午後0時に始めた。
数日前に漬け込んだ塩豚が、ええ塩梅になってるはずです。
軽く水洗いして水からじっくりと2時間煮込んだ。 火が着いているのだから離れるわけにはいかない。
直径3cmほどのジャガイモを買っておいたのを丁寧に洗う。皮を剥かないからだ。
人参を乱切りにした。やはり皮は剥かないから丁寧に洗ってある。
キャベツをザックリと大きめに刻みザルで洗った。 

 メールママは野菜を洗剤で洗いたい質の人、丁寧に洗わないと罵声が飛んで来ていた。
アイが居た頃、鍋料理にしたことがあった。白菜を刻んでザルで洗い、鍋で煮込んでいた時、アイが泣き出した。
『ナメクジが死んでる〜』 見ると、成る程ナメクジが美味しそうに茹だっていた。彼女は超が付く虫嫌いだった。

 塩豚を煮込んでいる間も灰汁を取り脂を掬った。 
タイマーが120分経った事を知らせ、ザルに移して熱湯をかけ洗った。
新しい鍋にジャガイモを皮のまま茹でた。 
全部混ぜ合わせ、汁の味をみたが美味しくない。またもコンソメのお世話になった。
孫らが塩豚を食べれなかった事を考えてソーセージも入れた。塩豚に胡椒をしたためだ。

 出来た鍋を手で持てるまで冷まし、ラップをして出掛けた。
ラップをして気付いたが、塩豚を取り分けておくのを忘れていた。味見は次回に期待しよう。

 駅の待ち合い室でポケットに入れておいた手袋が消えているのに気付いた。何処かで落としたに違いないが引き返す勇気がない。駅の窓口の中に見えた駅員さんに切符を買いたい旨伝えたら、忙しいから電車に乗ってから払えと言う。駅員はやる気が無いようで、忙しいとは思えなかった。
小銭が電車賃に不足しているのを知っていたから、事前にチケットを買っておきたかった。

 娘の家に着き、鍋を見せた。
『ごくろうさん』と言った。 台所で娘の鍋に移してコンロに乗せておいた。

 孫も元気で友達と遊んでいる。
少し、休憩して8分発の電車に間に合うように家を出た。
駅まで3分くらいのところで電車が入ってきた。走った。
二つの鍋に蜜柑を入れたレジ袋が脚にゴンゴンと当たる。
間に合わなかった。息が弾み、鍋が当たった膝が痛い。 吹きっさらす駅で1時間待つことになった。

 駅のベンチで思った。落とした手袋が残念だった。毛糸の可愛い柄だったのに。
帰り道、自転車のライトを下に向けて探したが見付からなかった。 その内に買おうと思うが、あんなに可愛いのは無いだろう。春になるかもしれないが焦らずに探そうと思う

 娘の家で猫のベルと鼻を突き合わせた。キャット・タワーの上段でくつろぐ彼女は、動く僕を目で追っているのが判る。彼女にすれば、時折、現われる不審者なのだろう。男に成り切っていないマロンは、考えるより行動が先になる。 走りながら次の興味のあるものを探し、顔を左右に振っている。
ベルは左前脚の怪我もあるのだろう、あまり動かず、上から僕の方や、走るマロンを目で追い掛けるだけなのが不憫でならない。

 次回、行くときは忘れずにおやつでも買って行こうと思った。猫懐柔作戦と云うよりはベルの目に甘えたいと云うのを見たいからだ。 
マロンを抱いてみた。”俺は男と子どもは嫌いだ”と思っているのか腕の中で嫌々をする。

 寒かった道中、家に着いてホッとしたら、出掛けに振りかけたコロンの香りが仄かにし、良い気分になった。


  
[PR]

by kattyan62 | 2011-12-23 16:00

臓器の劣化状態は


一通のハガキが届きました。

 発送人は、昨年に役所から高齢者へのサービスで無料のガン検診をした精霊三方原病院付属の予診センターからでした。
内容は、人間ドックの安価なコースを設けましたとの案内だったのよ。
それでも5万円からだから無理ですね。 
老いた貧乏人が長生きしてはいけませんてことなんです。僕も社会的な立場でマクロでみるとそれが正しいように思います。

 過日、内分泌科を受診した時も、多くを食べてはいけませんて食材は聞きましたが、現在のミネラル分などの摂取状況はと質問したら、それは人間ドックでどうぞと返事をした若いドクターでした。
早期発見をすることで嵩む医療費を節約するプログラムの一環としてガン検診をさせてもらったのですが、現在に不足しているミネラル分で病気を誘発したりし易くなります。
僕の場合も、野菜不足との認識から野菜ジュースと蜜柑に頼ったんやけど、カリュームの過剰摂取だとかで数倍のカリュームが検出されたのだそうです。 無知のなせるわざなのですが、加減てことになると栄養士の免許か同等の知識で普段の食餌を用意しなくてはなりません。
それに加えて、老化による臓器の劣化や新陳代謝が落ちたことで排出機能が減少していることも考慮しなくてはなりません。飽食の時代であるだけに、食べたい物と食べれるもの、食べなくてはいけない物と食べられない物や量を知ること、それは何処で教えてもらえるのでしょうね。

 僕が何度も出張してた頃のこと、外食に頼っていたのですが、ホテルに入ってみっちゃんに電話をすると、まずは朝食、昼食、夕食のメニューを報告します。すると『野菜が足れへん、明日からはサラダも頼みなさい』と叱りとも取れる強い口調で言うのです。 何事にも、あ〜せ〜こ〜せ〜と指示を出すみっちゃんでした。
今は、大半のことは自分の意志のままに行動しています。明日はプティ・サレ(塩豚)を煮込んで野菜もたっぷり入れましょう。
 仏壇のみっちゃんの写真は優しい目をしていますが怒ったら怖いんです。ヤクザを数メートルも突き飛ばしたのですからね。料理も時々は頑張ってますからね。
[PR]

by kattyan62 | 2011-12-21 18:36