<   2011年 11月 ( 34 )   > この月の画像一覧

久しぶりの娘宅


 舅殿に約束していた自転車を届けに行ってきました。
 
 道中の川沿いの自転車専用道は、帰る中学生のグループが幾つも幾つも擦れ違います。
「コンチャ」「こんにちは」 挨拶を返すのが大変なんですが、陽気に挨拶をしてくれるのが嬉しいです。

 家に着き自転車を下りたところで、手を振りながら走ってくる子どもはひょっとして?  ええ、マスクに黄色い帽子。凶悪犯の逃走用スタイルですが姉孫だと判ります。
エイリアス『バカを言うんでないよ。お前しか居ないのに同じような背格好で手を振って走って来るんや、判らん方がおかしいやろ?』
姉孫のマスクは、手足口病だそうで、手の平の水疱を見せてくれました。
孫と遊びたいと思ったのにさ、友達と約束したからと飛び出して行ってしまい、仕方なく、嫌々猫と遊んだのです。

エイリアス『猫が嫌がってたやないか、顔に猫パンチ食らったやろ?』
う〜ん、あんにゃろめ、猫と云えどやっぱり男は嫌いじゃ。

 舅殿を呼んでもらい、引き渡し式を。
エイリアス『何と大袈裟な』
空気の入れ口がフランス式に対して空気入れは英国式ですから説明をしました。
元大工さんですからメンテナンスはしてくれましょう。 
舅殿は気遣い、車で送って行くと言ってくださったのですが、「電車が楽しみです。楽しみを取らないで」と申し上げたのですが帰りが心配でしょ? 

 帰りの電車は待つ間もなく直ぐに来たのです。
電車を下りると、金指駅は駅員が運賃を回収するので、ワンマンカーなのに駅の改札で払います。
千円札を出すと「少しお待ちくださいね」と言って、後ろから来る数人の客を通すのを待ち、彼は駅舎へ入って釣り銭を持って出て来るまで随分待った気がします。田舎ですねぇ〜 いいなぁ〜こののんびりが。

 金指しの駅から徒歩で20分くらいでしょうが背負ったリュックが重くなってきました。
娘の家から道路を隔てた隣りに無人販売所がありまして、蜜柑10個入りが100円なんです。しかも味は裏切らないのです。
数日前、スーパーで買った時は7個で398円ですからリュックを背負って行くのは当然でしょ?

 
[PR]

by kattyan62 | 2011-11-30 18:18

おまけ



無題
f0064891_14104839.jpg




 最高の演技に  パチパチパチ
f0064891_14112551.jpg


[PR]

by kattyan62 | 2011-11-30 14:15

かっちゃんも技術者? 


決してウィンドーズをバカにしているのではありません。

 起きたのは昼前、目覚めとともにテレビのリモコンを持つのが日課やさかいに、いつものように点けました。
毒蝮三太夫さんと奈美悦子さんが受講するパソコン講座でした。 
内容は年賀状の作成と印刷でした。 過去のOS9の時代にはドローソフトで作成できたのですが、残念ながら現在のマックには年賀状などの挨拶状を作成するソフトは入ってまへん。 

 住所、氏名を作成校正するのにも、余分に選択する課目がありますし、印刷でさえ数回多くのクリックが必要です。
当時のマックで印刷する場合ですと、出来た文面をファイルから印刷(プリント)をクリックするとテロップが現れ、用紙サイズ、方向、枚数を変更する項目があって、それぞれを選んで最下段の印刷をクリックすると完了です。

 先日、ジョブス氏が逝去し、彼の生い立ちなどが放映されていましたが、相当の頑固者だったようで、周囲の技術者を泣かせたようですが、彼のコーディネーターとしての特記すべき発想と、妥協を許さぬ信念とそれを押し通せる人格、環境と彼の地位があってこそでしょう。
現在のマックには多くのソフトは入っていません。プログラマーが自身でソフトを作ることが優先されているからなのです。例えば映画で観られるリアルなCGソフトも一例で、他にもゲームなどを創るのにもダントツの早さで作業ができるようなのです。
ジョブス氏がアップルを追い出されて作ったパソコンが「NEXT」だったのですが、そのプロモーションビデオで「サン」と同じソフト作成を競い合うものでした。
早々に終わり、サンの方の作者の終わるのを珈琲を飲んで待っているというビデオだったんです。

 NEXTを紹介してくれた友人の坊主の熱弁を聞かせたかったですね。
しかもです、僕をキャノン販売の店に予約の電話を入れて連れて行ってくれ、色々アドバイスをしてくれたのです。紹介料も貰えないのに帰りには高級レストランで食事の後、キャビアを買って持たせてくれたんです。
 
 今まで使っていたパソコンには「クラリスドロー」ってソフトが入っていて、これでなら年賀状の作成などいとも簡単なんです。また、「ファイル・メーカー・プロ」というソフトはデーターベース機能があって、見積書、納品書、請求書、在庫表が連動しています。欲深いともうしますか、ええ加減といいますか、同じ作業でも相手さんによって大きく価格が変わる僕ですから、見積書から請求書に至る事務が一環していないと困りましょ? 
例えば、脱臭装置の白金触媒を交換する作業はですね、白金触媒価格一式が350万円のところもあれば420万円のところもあり、作業費に至っては100万円強から300万円まであります。その価格決定の理由は簡単で、担当者なり上司の日頃の態度です。偉そうにしてる奴からはフンダクリます。
引き上げた触媒は再生可能なんです。洗浄と称してタール分を洗うか、メーカー洗浄として焼切るのです。
新品を一年も使うと、現地で洗剤洗浄するのですが、洗剤を別の容器に移してますが、台所用なんです。

 輪転印刷機メーカーは大手企業なんです。三菱重工、日立、住友、リョウビ、老舗の小森コーポレーションが一般的でして、ドイツ製のハイデルは高価でしたが、特許部品が多くあって、”な〜るほど”と思う動きに感心したのです。
僕んとこは、小森さんと契約しており、小森さんが印刷機と折り機を受け持ち、乾燥機と脱臭装置は大阪酸素か近藤運輸機工、協栄熱機が一般的なんです。
近藤運輸機工は、元々協栄さんの機械を配送していたのですが、作業責任者を引き抜き、図面を入手して複製したのですから、当然、企業間の確執が生まれます。
三菱重工の印刷機には大阪酸素製と決まっていて、小森は近藤運輸製を使っていたのですが、大阪酸素に移行しつつあったんです。

 息子と二人で家電+工場の仕事をしていた頃、近藤運輸の工場長とお得意さんで出会い、下請けをすることになったのです。当時は、近藤運輸の東京支社的地位で渡井氏を筆頭に4人の作業者が居ました。その殆どが協栄出身者でして、中部の近藤本社、関西の僕のところの二人なんですが、電装が解るのは関西の僕らです。
機械部分は東京の渡井氏が師匠でしたから、その指導で勉強させてもらいました。
数年後、バブルの崩壊で仕事が見事に途絶えたのです。

 工場長が左遷されたのも僕らにとっては痛手でしたね。
下請けから脱皮して輪転印刷機の関連機器を作ることにし色々やりました。
湿し水と云うものがオフセット印刷には重要で、平で化学的な変化でインキの乗るところとインキを弾くところがあって、インキを弾くところは親水性があって水が薄く乗ります。この水は冷却されて循環しています。その関係で、水にインキが混じり汚れてくると印刷紙の汚れになるのです。
そこで、冷却し、弱酸性に調整されているタンクに浄化設備を作ったのです。装置は簡単で、吸い込んだ水を不織布の袋で濾過して戻すだけなんですが、インキは比重が低いから大半は水面に浮いてます。
絶えず変化する水面から水を吸い込む装置には苦労しました。 不織布の袋は友人の会社へ発注してたのです。 

 輪転印刷された紙が乾燥機を出ると、直ぐに冷却装置が待っているのですが、出た紙からは油煙が出ており、
冷却ローラーで巻き込むと、滲みや汚れになります。そこで、出た紙に水を霧状にして吹き付けることで煙を飛ばしつつ、冷却にも一役買うのです。その装置に似たものがメーカーでは濡らしたローラーでやっていたのですが、布ローラーの汚れや硬化で直ぐに使えなくなるのに350万円もするのです。
そこで、霧吹きを考えて150万円で販売したら、小森から値上げしろと苦情が出ましたのですが、言われたら意地になるものです。流石は大手、その後も乾燥脱臭装置のトラブルでの注文は来ていました。

 大日本インキ化学工業の仕事を請けた時、九州の八女の段ボール紙製造工場で、オランダ製のコーン糊の自動塗布装置の設置でした。機械にくっ付いてきた技術者は目ん玉が青い大男でした。
装置の心臓部にあるコンピューターのモニターが平行になりません。歪んでいるのです。
担当者に手振りで説明しました。通訳をしてくれた大日本の担当者の説明によりますと、歪んでいても目的に問題は無いと言うのです。
 僕は怒りました。水平はあくまで水平に、垂直はあくまで真っ直ぐにしないと基準が無くなるやんと。
彼は日本式に頭を下げ「i am Fool、すいません」と言ったには言ったのですが、直す努力はしません。
外国人の考えと日本人の違いですね。

 ボルトとナットはご存知ですね。ナットを製造する機械メーカーにドイツ製とアメリカ製があって、ドイツ製は数種の持具を交換すると何種類かのナットを製造できます。しかしアメリカ製は単独機なんですが、制度も悪く、新品からガタがあるものの、問題なく製造できます。
一方ドイツ人らしく、精度が高く、持具の交換もスムースなんですが、使う程に摩耗してくると故障の原因になり、整備なり持具の交換が必要になるのです。一方のアメリカ製は元々ガタがありますから、少々の摩耗にもめげることもなく製造に励んでいるのです。
行程は、六角形にプレス加工された部品にドリルで穴を明けますが、明いた穴からキリを抜く作業はしません。
ドンドンと穴を明けましょう? するとナットはドンドンと奥へ進みます。ドリルの根元が90度に曲がっていて、爪が引っ掛かって回しています。そこへナットが来ますと、キリからナットへ爪が移り、キリを過ぎるとポトンと落ちるのです。つまりですね、明いた穴からキリを抜く一工程が減り、数段の早さで製造できるのです。ネジを切る作業も同じで、ネジ切りの工具はタップと言いまして、焼き入れ加工されていて硬度が高い分、折れ易い特性もあるのです。 

 アメリカ製で今も日本の機械に多く使われているのにマキソン社製のバーナーがあります。
製鉄メーカーからガス燃焼で加熱する珈琲焙煎などのバーナーです。
バーナー本体は二重構造で、外装、内装共に鋳鉄(鋳物)でセンターに種火と種火を見張る紫外線検出器が取り付けられます。内装には全体に穴があって、送り込まれた空気がガスを燃焼させると共に冷却もしています。
輪転印刷の乾燥に使われているのですが、燃焼とは燃える物(ガス)と適量の空気と点火の切っ掛けです。
トラブルの大半は、この三つの何れかが不足しているか、保安部品の劣化です。
種火はマッチを擦って行っている訳ではありません。起動ボタンを押しますと、適圧のガス、適圧の空気を検出し、種火用ガスの電磁バルブを開け、電気火花を飛ばしますと種火が点きます。それを紫外線検出器が反応して、メインバルブが開くのです。後は、温度を検出して、メインバルブの開閉をモーターが承るのです。
全て、一連のパーツが販売されていて、僕のところの常備品なんです。
中でも、紫外線検出に使う真空管状のものは、航空機破壊用のミサイルの先端に付けられているのと同じ物ですから、第三国への持ち出しには強い制限があります。  ハハハ  ようけ書いてしんどかったけど、役に立たないのに忘れてしまいそうで書いてしまいました。


 
[PR]

by kattyan62 | 2011-11-29 14:47

難しい漢字


中国の古代文字を検索してましてん。

 理由は、souuさんのブログで見せてもらった難しい漢字に触発され、ただの興味本位でですねんけどさ。
すると、チンギスハーンが恋い焦がれた(国じゃなく女性に)西夏国の文字も見付けました。
f0064891_19382521.jpg


こんな字画の多い文字を覚えるのも大変なら、日記を手書きしたら1頁で一日が潰れまっせ。
日本でこんなに字画の多いものが使われてたら、小学生の国語は良い点が採れませんね。

 馬だと思うのですが、馬の団体でしょうか? 
f0064891_19441190.jpg



 それにヲシテ文字とか言うそうですが、縄文時代の日本固有の文字だそうで、初めて見ました。
ブロガーさんなので敬意を表してジャンプできるようにしました。Fujimikiさん
f0064891_19455733.jpg



 ※西夏国
1038年〜1227年 タングートの首長 李元昊が建国した王朝国家。中国北西部に位置し、首都は興慶で現在の銀川にあたる。詳細はWkipediaへ国名は「夏」だが、中国最古の国家「夏」と区別するため「西」を冠することで分けている。
司馬遼太郎の本によると、テムジンと呼ばれた若い頃のチンギスハーンが、諸国を流浪する老人から「女」について教えられる場面があり、美しく色白く、女性としても群を抜いていると聞き、単純に憧れ、数度の侵攻に破れるも晩年攻略し遂に夢を果たす。
 
 チンギスハーン
モンゴル帝国の祖であり、一時期は世界総人口の半数以上を従えさせた、現在でもモンゴル自治区の英雄である。 司馬遼太郎の本の記載によると、チンギスハーンとなり、各国を攻略するも財宝などの略奪もせず、今までの生活を保証することで、長らく従属させることができたとある。欲深や無いんや。

 欲 
先日、ステーブ・ジョブスの伝記なる映像を観たのですが、創始者のはずのアップルを追い出され、数年後アップルの倒産寸前に呼び戻された。その際の条件が給料は年収で1ドルだったそうだ。そう考えると、ジョブスの考案したアイコンでソフトが立ち上がる(実は大学生の考案)手段を盗んだビル・ゲイツの年収の凄さを考えると、ジョブスの如何にも欲の無さと、欲深いゲイツの人間としての大きさが伺えます。




 
[PR]

by kattyan62 | 2011-11-28 19:54

ドタキャン


明日は前にもドタキャンして予約し直した内分泌科の予約日です。

 娘に電話をしました。携帯電話からだと高くつくのでYahooのBBフォンで掛けたら「出られません」だとよ。
用件は、此処へ来た当時に買ってもらった自転車を舅殿に使いますかと尋ねたら、一旦は断られたのですが、その後使いたいと聞いて整備をしていたのです。それが出来上がったのと、貰ったとは云え娘に報告をと考えての事なんですのよね。
 
 数分後、娘から固定電話に掛かってきて出ると『何〜んや、お父さんかいな』
固定電話に掛けたのは初めてでした。
用件を済ませた後、姉孫に代わってもらい先日の授業参観だったかに参加しなかったことを詫びたのです。
そういや電話を掛けるのに、手元に固定電話がありながら携帯電話で掛けるのが当たり前のようになりました。
 携帯電話を初めて持った頃、契約するのに27万円だったかを払い、高い電話代だったのですが仕事ですし、契約していた会社が通話料は支払ってくれました。それを良い事に、駅前の公衆電話の横で携帯電話で掛けたのです。バカですねぇ〜 

 姉孫詫びてサッパリしたと思ってたのですが、明日は内分泌科の受診日だったんです。娘に明日は雨だぜと言われてユウツになり、病院へ電話をしました。
「我が侭言ってすいませ〜ん、5日にしていただけたら助かるのです」

受付さん『5日は担当の先生の日ではないので8日の午後ではどうでしょうか?」 よっしゃ〜ええよ

 先送り完了。ハハハ 明日ものんびりできます。 溜った録画を観なくっちゃ〜

 
[PR]

by kattyan62 | 2011-11-28 17:40

汝、アホで幸いなり。


深く考えないのは幸いなりや? 

 物事を、現象を探る苦を知らないのは幸いなりや? 
1700〜1900年代初頭のイギリス映画を何本かのシリーズを観ているのです。
筆頭はと云えば当然、バーナード・ショーの戯曲[マイ・フェアー・レディ]です。
舞台でのジュリー・アンドリュースを知る由もありませんが、映画でのオードリーの貧民街での粗野な娘とレディになったオードリーの演じたイライザを自分に当て嵌めてみたら、後半の主人であるヒギンス教授に対して接する姿勢は真似られません。多分、自分を見失い絶対服従していたかもしれません。 

 劇中、娘が愛人になったと勘違いしてお父さんが教授宅を訪れ、娘を託す代わりにお金を要求したが、6ポンド以上を欲しがらず、分相応な額だけでいいと言って、地元で飲みベロベロベと歌うのも印象深く好きな場面です。 
格調高いとされる英国語です。英語をまったく理解していないのですが、イライザの訓練風景で使われる機器類も興味深いですね。

 劇を通してみると、下町で貧しくとも自由奔放に暮らすのと、裕福で立ち居振る舞いや言葉に制限のある生活を比べてみると、下町育ちからすると山手の不自由な暮らしはゴメンでしょうね。

 宵越しの金は持たねぇ、てやんでぇ〜と鼻面を手の平で擦り上げる長屋住まいの江戸っ子もきっと幸せだったのでしょう。しかし、おかみさんや家族の幸せは?  
判っていても、僕はアホで幸いでした。
 
[PR]

by kattyan62 | 2011-11-27 13:20

そうやったかなぁ〜



娘から電話があったのは土曜日の午後だった。

 『何で来なかった?』  この唐突とも云える質問に答えられません。
この日は姉孫の授業参観だったと説明を聞いて判ったが、出て来いと誘われた記憶が無いと返事をしておいた。
事実、記憶を辿ってもまったく手掛かりがないのです。
それから数時間後に再度電話があった。先日、姉妹孫が突然やって来た時に伝えたと姉孫は言ったそうだ。
ドアを開けたところから記憶を辿った。
1) 姉妹孫の後ろに舅殿が立ち、お互いに挨拶、 姉妹孫は30cm大のクリスマス・リースを僕に押し付けて上がり込み、舅殿と暫しの歓談。
2) 舅殿が娘からプレゼントされた自転車を所望(以前に使うならと勧めていた) 
3) 姉妹孫はベッドの上で保安ガードを試すように上げ下げし、「ニモ」が観たいと言った。
4) ショッピング・モール、財布の中身、ゲーセンの話の後、僕の着替えの間2台のi phoneで遊ぶ。
5) 雨の中、ショッピング・モールへ出掛ける。 
6) 帰ってきて濡れた衣服を脱ぎ、姉孫は独りで入浴し会話無し。
7) 僕のアンダーシャツを着せテレビを観、三人にはベッドは狭い。
8) 夕方、舅殿が迎えに来た。  

 どうも、学校関連の会話をした記憶が無いのですが、僕の思い違いがあるのかもしれません。
娘から『会ったら謝っておけ』と。 ボケたことにしておこう。
12月2日の土曜日は妹孫の参観日だそうだ。早起きをしなくてはなりません。 孫らに会える楽しみ60%。早起きの苦痛40%  
 
 今月の初旬に呼吸器科の女Drからデコパッチンをされた。
タバコが止め難いと言ったのがその理由なんです。
禁煙プログラムを受けるかと勧められたが、嗜好の問題なんだからと断ると、嗜好ではあるが中毒と云う立派な病気とされていて、プログラムに参加することを治療と言ってニコチン・パッチやガムを処方されるのだそうだ。
 生活保護は医療費の負担が無い。 ありがたいことではあるが心の負担になっていることは確かです。
昨今、生活保護者への過剰な投薬と、投薬されたものを売却して酒代に充てるとか。
薬局でニコチンパッチを自費購入しておいた。 
買ってない、吸ってない。
 
 深夜、腹痛で眠れず、数時間続いた。 
かっちゃんの腹痛=賞味期限切れの食品やんけと浮かびます? 
 この日の食事内容
朝食
シスコ・クッキー12枚
350ccのミルク珈琲 (期限内)

昼食
ケンミンの焼きビーフン(冷凍)

夕食
お好み焼き(冷凍)

夜食
タコ焼き 15個(冷凍)

 思えば、期限内だったタコ焼きやけど、一つだけタコの味がおかしいと思ったが、飲み込んだのが悪かったんやろか? 下痢症状無く、今朝はお天気同様に上々なり。
[PR]

by kattyan62 | 2011-11-27 10:47

漢字



 souuさんの<文字を楽しむ>で饕餮(とうてつ)こんな難しい漢字を投稿されていたので、以前に遊び半分でi phoneのアプリ[大辞林]をクルクルと見ていて驚くのですが、俳句の季語「冬」で書くのも読むのも難しい漢字発見。

 普段、よく知っているはずの物や現象なのに読めない漢字、書けない漢字や季語だったなんて知らなかったのです。 
嚔:くさめ(くしゃみ)
皹:あかぎれ
橇:そり(雪上で移動に使う)
寒禽:かんきん (禽=鳥)
鴛鴦:おしどり 
木菟:みみずく(他に2種あるが表示できない)
鞴祭:ふいごまつり(鞴=鍛冶の炉に風を送る装置)
海鼠:ナマコ
海鼠腸:このわた
湯湯婆:ユタンポ
虎落笛:もがりふえ(冬の風が電線などで鳴く音)
寒垢離:かんごり(寒中での水修行)

 俳句に練達するわけでもないけど、素敵な風景に出会うとちょっと一句って思いません? 
お腹が空いてきたので簡単ですいません。今から昼食を採ります。
[PR]

by kattyan62 | 2011-11-25 15:35

かっチャンネル掲示板 開設



新しい記事は下に

掲示板です。 
パスワード   nandemo12 何でもオイッチニイ


ご自身のブログをログアウトして、ジャンプしてください。そして多くはありませんが、僕の友人たちに不平不満、料理のレシピでも何でも書き込んでください。匿名も可です。

 エキサイトのログイン、ログアウト方法
ログイン  画面の上のログインをクリックするとログイン画面になります。次にkattyannel と入れ、下の枠にnandemo12と入れてログインをクリックします。

ログアウト  投稿後、右上のエキサイトをクリックし、左の方のログアウト画面から出てください。

投稿  ログインしたら、画面上の投稿をクリックすると投稿画面になります。記入後、タイトルの部分にカーソルを置いてクリックするか、最下段の投稿をクリックしてください。
また不明の点は質問してくださいね。
[PR]

by kattyan62 | 2011-11-24 13:56

事務機?


機器の話

 お昼前のNHKで「中高年のための らくらくデジタル塾」なる番組を放送されてて、少しだけ拝見したのです。
デジカメで撮影した写真の転載とか加工とか。煩雑な手順で何と不便なツールなんでしょうね。
使用中の皆さま、ごめん、そしてお気の毒さまです。

 マックで写真をメールに添付する作業はですね、i photoを立ち上げ、目的の写真を掴んで枠外にドラッグしますと自動的にコピーされます。
メールの添付、サンダーバードだとデスクトップにある写真をメールの枠内にドラッグするだけで完了です。
GmailとかYahooMailでは写真の名称を選択する一手間が増えます。

 Boseヘッドフォン
過日、娘から贈られたヘッドフォンもテレビでは相性(インピーダンス)が合わないのか、音声にムラがあります。
i phoneやi podではベリーナイスなんですよ。 
一昨日、孫が来てくれた時、姉孫はヘッドフォンを着け、スイッチの場所も操作も難なく行ってしまったのです。
我が孫は天才なんでしょうか、それらを苦もなく質問するでなく操作できたのは機器に囲まれた生活で、スイッチを入れないと動かないことを学習しているのでしょうね。
亡くなった小動物の電池を交換場所を探した子どもの話を聞いて笑えぬ思いをしたことがありましたが、今の子どもが扱う過激なゲームに、少し首を傾げてしまいます。
※インピーダンス:電気を流すのに抵抗となることを差し、Ω(オーム)で表します。音を出す側に適正インピーダンスが表示されています。

 音楽メディア
音楽を聴くのに、大きなステレオセットのスイッチを入れ、真空管の温まるのを待ち、レコード盤を磨き乗せて針を置く。そしてボリュームを最小から適音になるまで上げます。準備に数十分懸かったのが、今やクリアな音が瞬間に聴け、検索すらもアドレスから簡単です。磨く必要もなく、設備のエイジングを待つこともないのです。
針やレコードの摩耗もありません。
スピーカーのブランドを云々した昔が懐かしいです。30cmのウーハー(低音部)5cmのトィッター(高音部)ミドルレンジ(中音部)のスピーカー本体もさることながら、分音回路の部品に使うコイルやコンデンサー、抵抗を色々試した事、スピーカーボックスの材質や形状、吸音材などなど、それは奥の深いものなんです。
音の基本はコンサートです。アコースティックな楽器の生の音を記憶しておいて、スピーカーから出る音を追い求めるのです。例えば、60cmもあるドラムやティンパニの大太鼓の音を10cmや20cmのスピーカーで復元するのは難しいですが、スピーカーコーンの全体を大きく動かすことで近付けています。しかしその時に同じスピーカーで中音や高音を同時に出す事は困難になりますから、それぞれのパートを受け持つスピーカーが必要になりますね。本来のオーケストラの楽器の数だけスピーカーが欲しいところです。
僕の十代後半に友人はパイオニアに勤め、家の8帖の和室は完全なオーディオルームになっていて、天井、壁は二重に毛布を張り詰め、左右で26個のスピーカーが埋め込んであったのです。
祖母、母と三人暮らしながら、母は店を経営しているから殆ど家に帰れず、店で寝泊まりしてたのです。
西成へ行く国道沿いにあった店は、小さいながら繁盛していたそうで、何度か一緒に訪ねたことがあり、お母さんから、仲良くしてくれてありがとうとお小遣いを貰ったこともありました。

 此処に越して来るにあたって、大阪から持ってきたオーディオはフィリップ社のアンプ、アンフィニのスピーカー、レコードプレイヤー、CD再生録音機、ラジオと数十枚のLPレコードですが、聴くことが出来ない悲しさ、欲しがったアイが持ち帰ったのです。
現在は、ミニ i pod、 i pod、二台のi phoneにパソコンで満喫し、日々更新しています。
[PR]

by kattyan62 | 2011-11-22 12:35