カテゴリ:Music( 43 )

幸せの定理


幸せを考えるの巻。

 耳の幸せ
昨夜、アメージング・ボイスって番組がBS プレミアでありました。
対象になった声の主はフランスのメトロや路上で歌っていたストリート・ミュージシャンZAZ(ザーズ)お姉さん31歳。その歌声はシャンソン歌手のビブラートにある小さく震えさせるもの。それにスキャットとフランス語と相まってエンドルフィンが分泌され幸福感で満たされたのです。彼女の歌声に市民は魅了されブレイクしたのも頷けます。
 路上で自由に歌っていたのがステージに上がり、洗練されたプロ・ミュージシャンをバックに歌うことに苦しんだのではなかろうかとか。 ミュージシャンが何の制約もなく自由なテンポと自由なキーで歌うことで歌の歌詞に酔うことができるはず。例えば、牛を追って何ヶ月も旅をするカウボーイたちが、夜、焚き火を囲み、離れた恋人を想って時に超スローで静かに歌うのです。これを冷暖房の効いた部屋で伴侶を前にして聴いてはいけません。
ご主人に何処かに出掛けてもらいましょう。『パチンコか映画でも行っといで』
 みっちゃんが友達とポール・モーリアのコンサートを観て帰った。早速、買ったレコードを聴いていた時、僕が声を掛けたら『イメージが壊れるからあっち向いてて』だってさ。 ごめんね

 路上で自由に歌うZAZ(後のモンマルトルでのスキャットが良いですよ)
曲名:Je Veux 訳 ”したいです”


曲名:Dans ma rue 訳 ”私の通りです”


 歌は、自分を表現する手段の一つとして自分のために歌うことと、特定の人のために歌う恋歌に、神に捧げ歌うものがある。その目的の大半は、聴く人を幸せにするためなんですね。 
踊りも同様で、感じるダンス、見せるダンス、捧げるダンスがあります。
1は、ダンスホールや、クラブ(大人の)のフロアで二人だけの世界に酔うためであり、サルサやリオのカーニバルで踊られるサンバは見せるためのように思います。 3は、神前で舞うものを指し、始祖はと云えば須佐之男命(すさのおのみこと)の乱暴狼藉で、天岩戸(あまのいわと)に隠れてしまった天照大神(あまてらすおおみかみ)を洞窟から出そうと天鈿女命(あめのうずめ)が踊ったのだと日本書紀に記されている。
天鈿女命の踊りはストリップ・ショーだったようで、胸を露にし、秘部まで衣を下ろし踊ったために、八百万の神々は大声で笑ったのだそうだ。 男の目の幸せと云えよう。まだ性がおおらかだった時代なのだろう。

 岩戸神楽(いわとかぐら)伝説より。
f0064891_13243648.jpg



 小学校で天の岩戸伝説の概要は教えてもらったが、ストリップだったとは聞いてへん。お〜い、せんせ〜い
中学校に入学し英和辞書を買った。友達の安宅健司と最初に調べたのがSTRIPだったっけ。STOPとともに未だにスペルを覚えとる。
大阪には3軒の名だたる小屋と呼ばれる劇場があった。九条、堺、通天閣の3軒。 僕の知らないのは九条。
知らないとは入ったことが無いと云う意味で、堺は早くに無くなったのは残念だが、結婚後もみっちゃんに言ってお小遣いを貰って行った。彼女らは、その気にさせるために踊るのです。 その気とはエンドロフィンを分泌させることであって、エロティックと深い関係があるように思う。 そのような踊りを妻に頼むこともならず、当然ながら拒否されるであろう。 

 口(舌)の幸せ。
昨夜、孫たちに作った親子丼の残り物を温めて食べた。 
高級な店でいただくものも大変美味しいのですが、温め直した親子丼の旨さに、飲み込むのが惜しく、牛のように反芻できればと思いながら食べた。嗚呼 幸せ〜 
高級であろうと、安い食材で自炊したものであっても美味しいものは美味しい。そこに幸せを感じるのには、大きな心配ごともなく健康であることが重要な要素でしょう。
 
 
[PR]

by kattyan62 | 2011-12-07 15:49 | Music

やった〜見付けた〜


昨日、今日と雨なのね。

 寒いとは思わないのだけど、外に出て歩く勇気はありまへん。
放射能入りの雨を気にしてるんではなく、洗濯物の増えるんを気にしてまんねん。

 そんな事もあってさ、昨日も今日も朝から蜜柑を食べながら音楽を聴いとりまんねん。
三ヶ日蜜柑は甘くって最高〜  

 何年前か忘れてもうたけど、メールママの一番上のお姉さんがシアトルから毎年、大量の松茸などお土産をドッサリ持って帰ってきます。随分と年上のホワイトさんてご主人は来れないそうで、僕にジャズのCDを持たせてくれたんです。
曲に確かラテンのキサス・キサスが入ってた筈と思い(込み)、i tunesに取り込んだ時にコピーだからと「アルバム不明」を探したけど無くガックリし、キサスのスペルが判らへんのでメールママに電話をしてお姉さんに聞いてくれと頼んだんです。丁度、シアトルから来日中です。答えは「英語とちゃうから知らんわ」
 昨日は、youtubeとi tunesで探しましてん。一日中は大袈裟ですけど、随分と聴き、寄り道もしたのね。
今朝、youtubeで探す目的じゃなく聴いていたらですね、コンチクショー 見付けたぞ〜
探し物をする時は、探すのを止めた時に出てくるもんてほんまやね。

 名前はマイケル・ブーブレ(Michael Buble)の「Feber」を見付けたんです。早速、i tunesで購入。
で、ライブラリーを探したら「あった〜」  アルバム不明ではなく、曲名からアルバムにアーティストまで載ってまんねん。しかも、キサスや思うてたんは[Sway]ですんや。恥ずかし〜

 Michael Buble 曲名:Fever (熱中、興奮、熱。おまけ:彼の熱は下がった=His fever is Down)


Michael Buble 曲名:Sway (支配、統治、動揺。おまけ:彼の甘い言葉に惑わされるな=Don't be swayed by his sweet words


ジャズで雨の鬱陶しさをとサーフィンをしてたらですね、マック・ザ・ナイフのドイツ語版があって視聴したら、「オンドリャ〜喧嘩を売っとルんかい」と叫んでしまったのです。ドイツ語って怒られてるような気がしません? 毎日、こんな言葉で会話し、恋を語る時にロマンテックな雰囲気になるんでしょうかね。 大阪の河内をイメージしてもうたやん。

Lotte Lenya 曲名:Mack the Knife
 

それぞれはジャズのスタンダードナンバーですから、多くの歌手がカバーしています。それぞれに素敵なんですね。デーン・マーティン、フランク・シナトラ、ボビー・ダーリン、ルイ・アームストロングなどなど。
(伝・魔手印、不乱苦・支那虎、某美・打林、[類・腕剛]) ウフフフ
ジャズを聴いていたら、ドラムを習っていたかった、アコーステック・ベースをやればよかったやんと思うのです。
i tunesに戻り、沖仁を聴くとギターをやってて良かったなぁとは思うのですが、フラメンコ・ギターは無理。
ハハハ、結局は聴かせてもらうのでよかよ。

youtubeには、日本の報道規制は適用されないのでしょうか、遺体の写真、動画なども載ります。
マリリン・モンローのもありました。当然、化粧をしていないスッピンで違う人と言えなくはないのです。
しかし、美しい女優さんは早く亡くなられる場合が多いですね。  皆さんは長生きしてくださいね。

みっちゃん『ちょっと〜失礼やない? 』

 昨日のサーフィンで、ドリス・デイさんが87歳になられていて、昨年の誕生日の写真を見付け、また、70歳前後でしょうか誕生日のガーデン・パーティにはクリント・イーストウッドなどが来ており、息子さんや娘さんの顔も見れたのは良かったです。

 僕の大好きな曲の一つ
Dave Brubeck 曲名:Take Five ドラムスが堪りません。


Dave Brubeck 曲名:Unsqare Dance


  曲名:不明    如何にお喋りでも無理、絶対無理。さて歌手は誰でしょう?(スクリーンに出てる、クイズになれへん。もう〜嫌や)


 一世を風靡したこの曲、イタリア人?がフランス語で歌うPassion Flower 和名、情熱の花。
スペイン系のお父ちゃん、イタリア人のお母ちゃんの間でフランスで生まれ、ドイツのバンドリーダーに認められたって、何人なん?  


 
 重くなるんで、今日はこのへんにしとくけど、まだまだ聴いとこ。タンゴもええなぁ〜
[PR]

by kattyan62 | 2011-12-02 14:01 | Music

この時期はブルースかR&Bでしょ,



今を去る43年前の今頃の時期に、オーティス・レデイング、ボビー・ヘッブってアフリカ系アメリカ人歌手らのR&Bアルバムを買いました。
 盤は、同級生だった奴と心斎橋のレコード店で買えと言われて買っただけで、然程興味も無いアルバムだったんです。しかし、寮に帰って聴いてみると、飴玉を口に含んだような黒人特有の声に、R&B(リズム&ブルース)のメロディと演奏に魅了されてしまったのでした。それまでは、ロックやポップ系の早いテンポでしたから、粘度の高い塗料を壁に塗るようなネタッとした感じは知りません。
このアリバムは、一月強後の12月24日に友人の会社のクリスマス・パーティに呼んでもらい、みっちゃんと踊った曲です。
 

 Otis Redding 曲名:Sitting on the Dock of the Bay


  Bobby Hebb 曲名:Sunny


Otis Redding 曲名:My Girl


 
[PR]

by kattyan62 | 2011-11-11 18:19 | Music

田舎人間と都会人


都会人を作るもの。

 都会に育つと、大人になるまで見なくてもいい物を見、聞かなくていい事を聞き育ち、食べ物と同じように身体の血と肉になります。それに加えて地域性も加味され、人間形成がされるように思います。
僕は関西人です。大阪人ですから、当然ながら、血液検査にも大阪を表す化学組成が含まれているはずです。
中でもお笑い系の化学組成は、何処へ移り住んでも消えることがありません。これを業界では「三つ子の魂、百まで」と言い、決して環境から得た知識の集積ではなかったのです。それを踏まえて下記の音楽を聴いていただきますと、Jason Meadowsの西部訛り、Patty Lovelessが西部訛りを真似ても洗練された発音に注目していただきたいのです。つまり、何が言いたいかと言いますと、かっちゃんが如何に度の付く田舎に住めど、都会の排気ガスを吸い育ったスマートさは、消えない、消せないのです。本当は田舎人に成り切りたいのですが、3年経った今もCity Boyなのです。 
 田舎暮らしが10年になる娘はと見れば、田舎に馴染もうと努力している様子が言葉の端々に『何とかダラ』と言ってますが、イントネーションは土着民のそれではなく、City Girlの匂いが消えていません。
故に、過日訪れた京都でも水槽を換えたにも関わらず、何の違和感もなく泳げたのです。
こんな事を書くと、田舎をバカにしているように感じられるとしたらゴメンなさい。決して、そうではなく、田舎には田舎の素晴らしさも、忌避すべき男尊女卑の習慣などが根付いていたりします。 情報網の発達で、ローカルや都会の差が無くなり、若い人たちは序々にではあるけど、男女同位が浸透しているようなのです。
 では音楽で見えてくる都会と田舎を感じ取ってください。 田舎のホットな人間関係が見えてくるはずです。

 Patty Loveless 曲名:I'm That Kind of Girl


Jason Meadows 曲名:100% Cowboy


Jambalaya Country Dance =CountryのHonky Tonkなダンスが新鮮なものとして、お洒落を誇るフランスでも流行だした。
※Honky Tonkとは、19世紀後半にできた言葉で、南部、南西部で労働者が立ち寄った安酒場を言い、そこから発信された音楽に有名なJambalayaがあります。また、アップライトピアノで調子外れでリズムを重要視した音楽はブギウギに強い影響を与えたそうだ。別意として、いかがわしいや下品を指す。
※Jambalaya :鶏肉にジャガイモ、海老、ハム、トマトにタマネギなどを煮込んだ炊き込みご飯。別意としてごちゃ混ぜ。



Honky Tonk Twist Dance School


Honky Tonk Twist  街頭での披露に、かっちゃんみたいなおちゃらけ爺さんが飛び込む。
Cow Boy Hatや衣装は、やはり凹凸のある欧米人には似合いますが日本人には似合いませんね。逆に着物はやはり日本人のもので、欧米人が着ると変なんですね。

[PR]

by kattyan62 | 2011-11-07 13:35 | Music

新旧?



何方でしょう?


 若い頃にはこんな歌も  The Green Green Green Grass of Home


Peter Paul and Mary 曲名:Lemon Tree


Puff the Magic Dragon


Don't Think,Twice it's All Right まぁ〜くよくよするこたぁ〜ないさ、全てオ〜ライさ(かっちゃん約)


 Gone the Rainbow

[PR]

by kattyan62 | 2011-10-30 03:55 | Music

Elvis Presley


昨日、帰りの車中で、娘のi podからElvisの歌が流れた。リロ&ステッチの挿入歌なのだそうだが、あまりの懐かしさに同期してしまったのでした。
勿論、Hound Dogや監獄ロック、ハート・ブレイク・ホテルなどなど聴きました。またHawii Liveなども持っています。

 Stuck on you


It's Now are Never


エルビス・プレスリー曲名:Thats Alright Mama  


  エルビスの喉が変なHeartbreak Hotel (失敗しても絵になるよね)


 曲名:Little Sister


曲名:Love me Tender


Are You Lonesome Tonight(良い音のを探すのに苦労した1曲 好きな曲 )


 Love me

 
Trying to Get to you


One Night with you


Crying in the Chapel


最後に心に響く本田美奈子さんのAmazing_Grace (若くして生涯を閉じた美奈子さんの冥福を)
美奈子さんの闘病記を観て、訳詞をされた岩谷時子氏が同病院に入院し、アカペラで歌って応援した経緯がある。その時、彼女は白血病に侵されていただけに、その声は、天使の声はさもあろうかと思われた。


 
[PR]

by kattyan62 | 2011-10-30 00:47 | Music

Native American Indian



今日は日曜日、音楽を聴く日にしました。
全てを聴くと時間が懸かります。そのお覚悟はいいですか? 忙しいのなら、今日はスルーをしてください。後日にも聴きたい曲ばかりなので残したのです。
 誇り高いインディアンは、オオカミ、鷹、バッファロー、熊を尊敬し、自然の大いなる力を敬ってきたのです。東洋人と同じミトコンドリアを持つ彼らの発音は、中国語かと思うもので言語学者には興味深いように思うのですよ。

 The Raiders Indian Reservation


 Kaw Liga Hank Williams


悲しきインディアン 平尾昌晃


Lokata Healing Song ロカタ・インディアンの癒しの歌
 



Fire in the Eyes Native American Music


 検索していて翻訳できない言葉がありまして、英語ではないのでしょうね。それは「Wanka Tanka」です。映像などから想像しますに、癒す、治すなどではないかと思うのです。Native Indian語に堪能な方教えてくださいませんでしょうか。
[PR]

by kattyan62 | 2011-10-24 01:24 | Music

またもや音楽


昨日の記事で押尾コータローを取り上げ、彼の音楽に出会ったエピソードをお伝えしました。

 記事を送信した後の数時間も音楽だけを聴き、ネットで探していたら、チャー&コータローの素晴らしい演奏に出会えたのです。
記載したyoutubeのものが、生意気にも偽物だと断言したのには、ちゃんとした理由がありますので聞いて(読んで)頂きたいのです。

 ギターを弾かれた方なら誰しもが通る道。ギター本体、弦の健康状態、爪、湿度など音質に影響を受けます。
アコーステックを扱う、名だたるギタリストは楽器をベストに保ち、爪を手入れし、指や腕のトレーニングも欠かしていない・・・と思う。
著名な人らに依るピアノもバイオリンも素晴らしいと思うのですが、小さく、持ち運べるオーケストラと呼ばれるギターを操る人らの卓越したテクニックには鳥肌が立ちます。
弦に触れる強弱も重要だし、最も大切なことはどの楽器にも云えることで、それはタイミングです。そのためには、譜面を完全に暗記し、作曲家の描いたイメージを忠実にトレースすることが出来て、感情を移入できるのです。(素人の僕は、楽譜すら覚えられない)

 押尾コータローの音楽を、何の先入観もない江戸期の人たちが聴いたとしたら?   僕と同じく鳥肌が立つのでしょうかね。
著名な音楽家を例えるなら、美味しいと評判のレストランと云うよりはカリスマ性のあるラーメン屋かもしれません。何かがあるから、完成度が高いからブレイクして当然なんでしょうね。

 チャー&コータロー  


 沖仁と彼らの違いはギターです。沖仁がガット(クジラのヒゲ)弦を使っているのに対して、押尾コータローはスチール弦。
スチール弦は、ガットに比べてより高く繊細な音を出せます。それにガットのように伸びないので、微妙にビブラートさせることが可能なんです。 
 ギターについて小生意気な事を書きました。譜面を見ないと弾けず、あっちでコツン、こっちでゴッツンしながら弾くのですから、人様に聴いていただくものではありません。ですが、呉服屋に居た若い頃の独り暇な秋の夜長、部屋で退屈さを凌ぐ相手をしてもらったギターなのです。 今は埃が被っているギターです。

 最後に、好きな声の持ち主の歌謡曲
オユンナ 曲名:遠くへ行きたい ※オユンナはモンゴル出身の歌手。

[PR]

by kattyan62 | 2011-09-29 11:29 | Music

音楽と僕と彼女たち


押尾コータロー

 以前にも書いたギタリスト。
押尾コータローを初めて聴いたのは、女の子Aを乗せた車の中だった。
Aは百貨店に勤務している花屋のマリの同級生だった。マリに僕と付き合うのを止めろと進言していたと聞いていた。
別に彼女Aを懐柔するつもりじゃなく、大丸へ買物に行った時にハンケチを忘れた事に気付いて数枚を持ってレジへ向かうと制服姿の彼女が居り、偶然だとしか言えない。
僕「よっ、此処(ハンカチ売り場)に勤めてたんや」 

彼女A『かっちゃんが買物に来てるのを時々見掛けてたんです。今日は暇なん?』

 僕「ああ、少し時間を潰してから食事でもして帰ろうかと思ってる」

彼女A『私、もう少しで上がるから待っててもらえます?』

 僕「うん、別に構わないけど、食事にでも行く?」

彼女A『ええ、是非に』
仕事が済んだ彼女を助手席に乗せ、僕に用でもあったのか尋ねてみたら、マリのお姉さんの結婚が決まり、数日後にかっちゃんにお姉さんを紹介したいと相談を受けたのと明かした。
返事をせずに、高島屋の南にあるサウスタワーホテルのレストランフロアに連れて行った。
彼女Aと和食の店で話していたら偶然ってあるもんで、僕が長年住んだ公団住宅の2棟離れただけのところに住んでいたのだった。その棟に住むボーイスカウトの仲間の名前も知るが、近所付き合いをするには子供よりうんと若く繋がりさえなかった。
食事を終えたが、いつもなら店員さんに頼んでラウンジを予約するのだが、彼女には向かないと思った。
 食事が済んで、日本橋筋を少し北へ行き、右に折れたところの小さな店に入った。
バイク仲間だった若者に、ナンパしたら此処へと教えてもらっていて行ってみた。
幅が2メートルほどしかない小さな店だったが、マスターがギターの弾き語りをしているところだった。

 彼女Aは数杯のカクテルを飲んで、トイレに立った間に清算をし、並べてあったCDを詳しく見ずに数枚取り、マスターに渡した。
彼女と交代してトイレに立った。マスターがCDを袋に入れて彼女に渡しながら尋ねられたのだそうだ。
お父さんなのかと、そしてそうですと答えたのだと車の中で笑っていた。
車中で袋を開けてもらい聞いた中に押尾コータローがあった。
彼がブレイクする前に何度となく店で演奏したと聞いたのは後日、別の女の子と行った時だった。
花屋のマリやAを、ラウンジへ連れて行って音楽の話をしても、好みはJ Pop。判りませ〜ん。
 
 サウスタワーのラウンジは最上階にあり、大阪の東から南を眺めることができる。
僕の知らない間に、娘はみっちゃんを誘って、サウスタワーにある天婦羅を食べたのだそうだ。一人前8000円だったのよとみっちゃんが嬉しそうに話していたっけ。
 ラウンジへ入るにはネクタイが必要だと知らず、何度か入ったがノーネクタイにオーバーオールは僕の制服。レジで清算しながら支配人らしい人にネクタイの無いのを詫びた。支配人は、お客様は特別ですので、いつでもそのままどうぞと言われ、何のこっちゃと思うも悪い気はせず、下りるエレベーターで由利江が特別ってと尋ねたが、答えられるはずもない。
フロアの中央にグランドピアノがあり、数時間毎に女性が演奏をしていて、ウェイターに珈琲を出すように頼んでチップを持たせた。
彼女が立ち上がると、バックグラウンド・ミュージックになり、押尾コータローの[ピアノレッスン]が流れ、音楽担当したピアニストのセンスの良さを感じ、嬉しくなってブランデーの香りを楽しみ、少し口に含んで香りに酔った。
 
 ピアノレッスン
押尾コータローと明記されているけど、演奏に幼さがあり誰かがカバーしたのだと思います。
探したけど、彼の同曲だと断言できるのがみつかりませんでした。彼の高音部は澄んだ音色なんです。


 ラウンジの窓から見える夜景を見ながらブランデーグラスにジンを注いでもらい、火を点けた後、ブランデーを注いでもらった。ジンの燃える青い炎の向こうに娘の後輩が静かに炎を見つめていた。
色白で端正な顔立ちの彼女がロウソクとジンの炎に揺らいで美しかった。
当時も今もそうなのだが、これ以上の進展を必要としていなかった。
独りになり、寂しくなったマンションへ帰ることが無性に悲しく、よからぬ事しか考えられなかった頃だった。
昨今、とみに思うことだけど、女性と一線を超えることは避けたいと思っている。
理由は、先のラウンジでの由利江の美しさが損なわれることになる。由利江に限らず、女性の全ての何処かに美しい部分がある。しかし、率直なところ、無教養でガサツな人は困る。
愛を感じるまでなのかもしれないのだけれど、女性を美しいままにしておきたい。

※美しさの定義:見た目の美しさもあろうが、世の中で目立たずとも、美しいね、奇麗だねって言葉を聞いたことがなくても心の美しい人が居る。太っていたからとて何恥ずかしかろう。襟足の奇麗な人、足首の爽やかな人、貴女の美しいハートがあれば、前向きであれば全ての人は美しく輝く。
[PR]

by kattyan62 | 2011-09-28 15:00 | Music

深夜に聴くクラシック音楽


老いたとは言いたくない。

 クラシック音楽を聴くからと言ってオジン臭いと思いたくないのです。般若心経でスィングできませんものですからさ。
好きなクラシック音楽もあり、レコードを買っていたが、アイの荷物に詰め込んだために無くなってた。
チゴイネルワイゼン、展覧かの絵、ボレロ、小フーガ ト短調、交響曲組曲シェラザード、ハバネラ、ベートベン ロマンスNO2、 序曲とロンド・カプリチオーソ ets
深夜でも開いているショップで今夜、買い足しました。
今夜はとてもクラシック音楽を聴きたいと思ったのはですね、僕のそそっかしいくも忙しい性格ですから、ロックやポップスを聴くことが多いのですが、しかし、今夜はクラシック・ディなんんです。それも多くはバイオリンの音色が聴きたくて、i tunesに接続してヤッシャ・ハイフェッツの演奏をと思ったのですがおまへんねん。
しゃーない、そこで、サン=サーンス作曲の数曲を買いました。清水の舞台から飛び降りたつもりで。

 ええですなぁ〜クラシック音楽は何故に数百年も演奏され、聴き継がれ、人のハートをノックするんでしょうね。
小フーガ ト短調は、メロディを覚えていて、電話で娘に歌って知っとるか? と聞いたらば、題名を教えてくれたんです。でも多いのがオルガン演奏でして、悪くはないのですが、僕のハートに響くものじゃないのです。
随分多くの小フーガ ト短調を聴きまして、やっと手にいれたのがポーンマス交響楽団&ホセ・セレブエール ト短調の全てより。管弦楽団なんですが、もっともポピュラーなオルガン演奏で。

ヨハン・セバスチャン・バッハ作曲 小フーガ ト短調 バッハの別名 ヨハン・子沢山・バッハ
マリア・バルバラ・バッハとの間に7人の子を設けたことによるジョークであり、才能への妬みかもしれません。


 現在、深夜の4時、空腹です。室温も28度を超えて暑いです。
[PR]

by kattyan62 | 2011-09-18 03:58 | Music