2012年 01月 14日 ( 2 )

今年は冷夏?


温暖化? 

 太陽活動を最初に観測したのはご存知ガリレオ・ガリレイ。彼の観測日記に黒点が記されていたのだそうです。
黒点の多い時と少ない時があるのも記録されていました。

 黒点とは、太陽の内部で発生した磁気が吹き出しているところだそうで、冷えた地球は極が決まっていますが、活発に核融合反応が行われている恒星の太陽では、北極、南極にあたるN(ノース)とS(サウス)があちこちにあり、活発に核融合されると黒点が増え、沈滞気味には少なくなるそうなんです。

 過去400年余の観測データーに依ると、今年は太陽活動の活発期に入るはずなのに、黒点の数が増えていないんだそうですよ。
1650年頃から数十年続いた沈滞期なんだけど、照度(光の量)は変わらないのだけど、地球が冷えたんだそうです。氷河期ほどにはならないでしょうが、米不足になり、スイカの甘さも薄れて野菜が高くなりそうです。
f0064891_15555359.jpg



 黒点は減っても光の量は変わらないのに冷えた理由とはですね、太陽が放つ磁力が衰えたために、太陽系以外から降り注ぐ宇宙線が地球に到達し、空気の分子にぶつかり、活発化した分子同士がくっ付いて発達し、小さな粒子にまで膨らむと、それを種に水蒸気が集まり、雲になるのだそうで、色んな地質などで検証しても間違いない事実なのだそうです。つまり、温暖化を心配しなくてはなりませんが、今年は冷夏になりそうだってことと、雲が多くなるために豪雨の被害、台風の多発や巨大化も考慮しなければなりません。

 活発期の黒点数
f0064891_1645042.jpg




 現在の黒点数
f0064891_15435595.jpg



 昨年は一昨年に続いての猛暑だったけど、今年は例年通りか冷夏の可能性に備えなければならないかも。
[PR]

by kattyan62 | 2012-01-14 16:00

寒い台所ナウ


昨日の朝食
先日、再びスェーデンの映画[ミレニアム]を観た時、主役のリスベット・サランデルが父親からの銃撃の傷で入院中に「ピッツァが食べたい」と医師に訴えて、看護師が届けてくれたのを旨そうに食べたのに触発され買った。
f0064891_10235647.jpg



 オーブンを備えたのは只一つの目的やった。アイに食餌を作っていた頃にやね、メニューを増やし、日本に居る間にせめて食事くらいは楽しませてやりたいと思って買ったもんやねん。
使う間もなく帰国したアイに、オーブン料理を作ってやれなかったのを悔やみつつも使うことなく二年が過ぎたのね。
 スイッチを入れて余熱に230度にセットしたら油の匂いがする。以前に一度だけ電源を入れパンを焼いた事があるけど、オープントースターで2分やのに7分も懸かってしもうて、どんならん。
f0064891_10245750.jpg



 アイが日本に来たのは23歳やったそうですねん。二年の日本語学校、静岡大学の4年、常葉学園大学大学院が二年の計8年間で、日本食の色んな経験は積んだようだけど、あくまで外食。
そこで、自分の手に負える範囲でと道具を揃えるのが僕流なんやねんね。 
しかし、図書館の仕事を辞めさせてもらい、時間に余裕が出来たからとアイが調理をする回数が増えてもうた。
彼女は、レストランの厨房で働くプロ。当然、僕の及ぶところではないけど、作るのは中華ばかり。
彼女としては、かっちゃんに中国の家庭料理を食べさせてやりたいと思っての事だったそうな。
アイの料理は、味が濃いし、複雑な調味料を自作していたのを何にでも使う。焼き飯、汁物、粉物の具が全て同じ味になる。 日本の煮物や焼き物が醤油と味醂、砂糖で仕上げるのに似ている。

 ミネストローネを作った時にトーストを添えた。
彼女が水餃子を作るとご飯は出ないし、お茶も香の物も無い。それが中国の家庭では普通なのだそうだことは、以前の中国人の友達で経験しているのだけど、やっぱし変な感じがしますやろ? 
香の物とお茶は、理に叶ってます。美味しくとも幾つかを食べると馴染んでしまい、一口目の美味しさが消えた頃にお茶か香の物で復元させる効果がありますね。
彼女は美味しくできたミネストローネを食べながら言った『かっちゃん、太るからパンは要らないよ』

 沖縄のyakitamago君はケーキの達人を姑に持ち、教えを請う師匠なのだそうだ。師匠が良いと腕のあがるのも早いようで幾つかを投稿していたなぁ〜
僕は菓子を作ったことがない。故にオーブンを使うのはパンを焼く以外に出番が無いのだが、最近になってマカロニを買ってきた。マカロニグラタンを作ろうかと思っているが皿が無いのに気付く。 バカバカバカだった。

 
[PR]

by kattyan62 | 2012-01-14 11:08