ナノ・テクノロジー


民放では無理であろう番組を作ってくれるNHKが好き。

 随分と昔ですが[電子立国日本]て連作で、当時に最前線で頑張った人たちの協力で写真やフィルム、再現などを観せてもらえ、仕事にもヒントになり、社員にも観ろと言い、本もそれぞれにプレゼントしたものです。

 数日前から[ナノ・レボリューション]のタイトルでナノ・テクノロジーの先端技術とその応用が紹介されました。
医療の現場でも、ナノのサイズだからこそ出来る医療で、完治の難しい病の治療や、早期発見の難しいガンなども受診者の負担の全くない検査方法が研究されており、日本の技術は世界でもトップクラスなのだそうだ。
しかし、実際の医療現場では、保守的な要素が強く残っているように思います。

 赤ちゃんが下痢をしていると総合病院を訪れた夫婦に、様子を見ましょうと判断し、泣き止まないし下痢も治まらないと数度訪ねても同じ回答で、とうとう幼い命が消えた。下痢の原因は公害によるものだった。
受け付けた看護師と医者の対応に腹が立って大声を出してしまった。 イギリスのドラマだったんですけどね。
現実にありそうなストーリーです。日本でも、救急患者を受け入れない病院をたらい回しされ消えた命もあった。
行政、政治家の行った医療改革は、嵩む医療費の削減の一点だけに注目した結果なのだ。
小を犠牲に大を生かすとの考えが裏にあるのだろうが、消えた命は一つしかない。

 僕が会社員で営業をしていたことがある。中堅の菓子メーカーが怪獣の卵の名で売り出していた菓子は、金属を卵形に成形し、中央で二つに割れ、中身のチョコと景品が子どもに好評で、毎月数十万個も納品していた。或る日、社長が卵の断面が薄い金属で怪我をする危険があるから、もう一工程増やしてでも安全にしようと言ってきた。それはコストに反影され、売値も上げなければならないことになるからと拒否をした。
二社で生産していた相手があるために、売値を上げることは困難だったのだ。 ところが、社長の不安が的中した。子どもが指を怪我したと訴えがあり、菓子メーカーから改造案の提出をと要求があった。
社長は僕が拒否したにも関わらず、勝手に改造のテストをしていたのだった。
この事案を分解すると、技術者としての社長が提案しても、営業は、予算を盾に拒否するシステムが出来てしまっていたのです。社長を教授などの識者に代え、営業の僕を政治家とか経営者とすれば、東電の設備の不備、情報隠しなどの構図も見えてくる。

 呼吸器科で、僕には発作時の特効薬だと申告したストメリン吸入は置いていないと言ったが、薬局で聞いたら置いてあるそうだ。それをドクターには言っていない。嫌われると今後の治療障害になるかもと思うからだ。
数日前から、調子がベストではない。こんな時にストメリンがあれば、何の苦もなく改善していたやんかと思った。しかし求めても無いのだから、処方されて現在は飲んでいない錠剤を探した。気管支喘息改善薬と気管支系抗生物質を飲んだ。 数時間が経って発作様の症状が改善された。ストメリンは副作用を考えて処方しないのだと察した。 ネエちゃんドクター あんたはええ人や〜  
ナノ・テクノロジーの可能性は大きいようだ。今後に期待したい技術のようだ。
 
 今日、四日も陽が暮れた。 
[PR]

by kattyan62 | 2012-01-04 17:27

新年の抱負、そんなんあらへん。(そんなのありませんの意)



誕生日を祝う言葉やNetカードを頂きありがとうございました。

 正月に誕生日がくっ付いていることをお母ちゃんに愚痴を言ったこともありました。
ましてや、戦時中の大変な時に親は何をしとるんやと、古いタイプの親ですから口には出しませんが、成人してからは思いましたね。何度も書いた事ですが、お母ちゃんは4人の娘と旦那を捨てて駆け落ちをし、二人も子どもを産んだんですからね。
19年の1月に産まれたってことは、前年の2月か3月に仕込んだわけですね。食料も不足、兵隊さんは戦地でドンパチと弾の飛び交う中で危険だってのにさ。
とは言ってもですね、産めよ増やせって国策に忠実だったのかもしれないと思い、産まれたことに感謝です。

 随分前になりますが、マック繋がりの若い友人は大手企業で IT関係の仕事しています。
お得意さんからの要望を営業が聞いて、ディザインしてプログラミングって一連の流れで生じるアクシデントと伝達の不備を絵にしたものがあり、それはそれは的を得たもので感心してしまったのです。
本人の許可を取っていないけど、載せたい公表したい旨は伝えましたので、彼のセンスの良さ、僕の受けた感動を共有したいと思います。

作者:Nishioka 見ていたら無断掲載を許せ。
f0064891_14375950.png


[PR]

by kattyan62 | 2012-01-04 14:28

赤カブ


昨日、娘の家から3日振りの我が家。

 息子が浜松に来た時に仏壇に参りたいと言った言葉を受けて、娘が言った『親父は広い部屋を狭く使う名人だっての覚えとるな、そのつもりでな』 そして二人が仏壇に線香をあげた。
そう言われたことも、出した物を直さないもんだから、昨年の春の衣服の上に夏服が乗り、またその上に今の服やズボンが乗せてある。床にはネジ釘やナット類がチラシの上にぶっちゃけてあって、瓶に入れてない。
つまり、室内に「けもの道」が出来ている。啓蟄まで片付ける気はない。
そんな家だが、何となくホッとするもんだ。

 娘の家のテレビがBSしか入らないから長居はしたくなかった。観れなくなったことをメールで知らせたら、猫がテレビの後ろへ入って、アンテナ線でも抜けたのかもと聞いたが、もう家を出た後だった。
僕は元電機屋だから、弄くれば直せるのだが、婿は僕以上に器用で丁寧だから、頼まれでもしない限りは触れない方がとそのままにしておいた。
家のテレビの電源を入れるとスカパーが映った。ホッ

 今日、娘にメールをした。
赤カブが程良く漬かったことを伝え、大きな入れ物を持って取りに来るようにと書いた。
暫くして電話が鳴った。娘が近くのスーパーで買物中だから寄ると言って切れた。
玄関の山積みになっている靴をレジ袋に入れて立てるスペースを作り、漬け物の中身を掻き回しておいた。

 呼び鈴が鳴り、ドアを開けると二人の孫がにこやかに立っていて、ドアの影からヌッと娘が顔を出し、新年の挨拶を受けた。 
娘が大きなタッパーの入ったレジ袋を突き出した。新品のタッパーを出し、洗ってからペーパータオルで水気を拭いて、カブを入れ出したが途中で娘に渡し、戸棚から別のタッパーを出した。
持ってきたタッパーにギューギューに詰めている。出したタッパーにも蓋を締めるのも難しいくらい詰めた。
半分どころではない、満タンあった梅酒瓶の1/4ほどしか残っていない。
 「随分と詰めたんやな」

娘『だって、ぎょうさん詰めろって言ったから』

 こうした遠慮のないのは血縁だからでもある。僕も別に怒ってもいないし、孫や婿が喜んでくれればと思っただけだし、そのために多く漬けたのだ。
娘らが帰って行ってから、漬け物に氷砂糖を足した。甘みが不足していたからだ。
分量より大目だったのだが僕には甘さが足らなかったようだ。
明日辺り、もう一度探しに出掛けようと思った。

孫が帰りにお年玉のお礼を言った。
年末に訪ねる際に両替をした百円玉を数え年の分だけポチ袋に入れて置いて来た礼だった。
子どもらが幼い時に千円札一枚と百円玉を年の数だけ出して聞いたことがある。
 僕「どっちがいいかな?」

 二人は幼い、見慣れ、使い慣れている数個の百円玉を指差した。しめたと思った。
二十歳になったからと云っても二千円で済むのだ。
二人が結婚してからの正月が来ると、みっちゃんは百円玉を集めるのに苦労していた。銀行で両替すれば済むのにと言ったが、彼女なりの拘りがあって買物の釣り銭を貯めていた。
正月になると夫婦で来る。重いポチ袋を渡す。ありがたくもなかろうが我が家の行事になっていた。
[PR]

by kattyan62 | 2012-01-04 00:32