2011年 12月 02日 ( 1 )

やった〜見付けた〜


昨日、今日と雨なのね。

 寒いとは思わないのだけど、外に出て歩く勇気はありまへん。
放射能入りの雨を気にしてるんではなく、洗濯物の増えるんを気にしてまんねん。

 そんな事もあってさ、昨日も今日も朝から蜜柑を食べながら音楽を聴いとりまんねん。
三ヶ日蜜柑は甘くって最高〜  

 何年前か忘れてもうたけど、メールママの一番上のお姉さんがシアトルから毎年、大量の松茸などお土産をドッサリ持って帰ってきます。随分と年上のホワイトさんてご主人は来れないそうで、僕にジャズのCDを持たせてくれたんです。
曲に確かラテンのキサス・キサスが入ってた筈と思い(込み)、i tunesに取り込んだ時にコピーだからと「アルバム不明」を探したけど無くガックリし、キサスのスペルが判らへんのでメールママに電話をしてお姉さんに聞いてくれと頼んだんです。丁度、シアトルから来日中です。答えは「英語とちゃうから知らんわ」
 昨日は、youtubeとi tunesで探しましてん。一日中は大袈裟ですけど、随分と聴き、寄り道もしたのね。
今朝、youtubeで探す目的じゃなく聴いていたらですね、コンチクショー 見付けたぞ〜
探し物をする時は、探すのを止めた時に出てくるもんてほんまやね。

 名前はマイケル・ブーブレ(Michael Buble)の「Feber」を見付けたんです。早速、i tunesで購入。
で、ライブラリーを探したら「あった〜」  アルバム不明ではなく、曲名からアルバムにアーティストまで載ってまんねん。しかも、キサスや思うてたんは[Sway]ですんや。恥ずかし〜

 Michael Buble 曲名:Fever (熱中、興奮、熱。おまけ:彼の熱は下がった=His fever is Down)


Michael Buble 曲名:Sway (支配、統治、動揺。おまけ:彼の甘い言葉に惑わされるな=Don't be swayed by his sweet words


ジャズで雨の鬱陶しさをとサーフィンをしてたらですね、マック・ザ・ナイフのドイツ語版があって視聴したら、「オンドリャ〜喧嘩を売っとルんかい」と叫んでしまったのです。ドイツ語って怒られてるような気がしません? 毎日、こんな言葉で会話し、恋を語る時にロマンテックな雰囲気になるんでしょうかね。 大阪の河内をイメージしてもうたやん。

Lotte Lenya 曲名:Mack the Knife
 

それぞれはジャズのスタンダードナンバーですから、多くの歌手がカバーしています。それぞれに素敵なんですね。デーン・マーティン、フランク・シナトラ、ボビー・ダーリン、ルイ・アームストロングなどなど。
(伝・魔手印、不乱苦・支那虎、某美・打林、[類・腕剛]) ウフフフ
ジャズを聴いていたら、ドラムを習っていたかった、アコーステック・ベースをやればよかったやんと思うのです。
i tunesに戻り、沖仁を聴くとギターをやってて良かったなぁとは思うのですが、フラメンコ・ギターは無理。
ハハハ、結局は聴かせてもらうのでよかよ。

youtubeには、日本の報道規制は適用されないのでしょうか、遺体の写真、動画なども載ります。
マリリン・モンローのもありました。当然、化粧をしていないスッピンで違う人と言えなくはないのです。
しかし、美しい女優さんは早く亡くなられる場合が多いですね。  皆さんは長生きしてくださいね。

みっちゃん『ちょっと〜失礼やない? 』

 昨日のサーフィンで、ドリス・デイさんが87歳になられていて、昨年の誕生日の写真を見付け、また、70歳前後でしょうか誕生日のガーデン・パーティにはクリント・イーストウッドなどが来ており、息子さんや娘さんの顔も見れたのは良かったです。

 僕の大好きな曲の一つ
Dave Brubeck 曲名:Take Five ドラムスが堪りません。


Dave Brubeck 曲名:Unsqare Dance


  曲名:不明    如何にお喋りでも無理、絶対無理。さて歌手は誰でしょう?(スクリーンに出てる、クイズになれへん。もう〜嫌や)


 一世を風靡したこの曲、イタリア人?がフランス語で歌うPassion Flower 和名、情熱の花。
スペイン系のお父ちゃん、イタリア人のお母ちゃんの間でフランスで生まれ、ドイツのバンドリーダーに認められたって、何人なん?  


 
 重くなるんで、今日はこのへんにしとくけど、まだまだ聴いとこ。タンゴもええなぁ〜
[PR]

by kattyan62 | 2011-12-02 14:01 | Music