数年に一度の日となりましただわ。



 20日の夕刻「明日、学校の授業参観があるからマル子(妹孫の仮名)が来て欲しいってよ。ついでだから免許の更新も連れて行くよ」と娘からの電話。

 ”やった〜 自転車に乗らずに済むなら久しぶりに背広を着よう”と思ったと思ってください。
ええ、昨一年間でネクタイを締めたのってあった? つまり、それぐらい久しぶりなんです。
どれにしようかな? ♩裏のチョン兵衛さんに聞いてみよ、プッとこいてプップップッ♩
黒のカシミヤ、七宝入りのメタルボタン、僕がデザインしたブレザーで決まり。自慢した?
ええ、バブル期には100万円は越えたのが二度の仮縫い付きで42万円て分不相応ですね。それに見合う靴、シャツにネクタイを選び、アイロンを掛けたはいいけど小物を入れるバッグが無い。そうや、妻がチョイスした[猫魔ホテル]で貰ったグルーミンググッズケースでええか。
 
 免許センターにて 
受付嬢に「すいません、お願いします」と免許証とハガキを提出すると、彼女はハガキを調べて「高齢者講習を受けられました?」

僕「去年の11月だったかに受講しましたよ」と胸を張る。胸を張った理由はですね、衰える体の機能の適正検査で[あなたの運転適正度は非常に優秀です]と書いてくれてたんです。

受付嬢「卒業証書を持って来られました? A4の紙」

僕「?????」

受付嬢「ええ、よく無くされる人が居られます。あちらの3番窓口へどうぞ」

3番窓口のおばちゃん「卒業証書を無くされたんでしょうか?」

僕「いいえ、有ります、失うはずが無いじゃないですか、[金庫]の中に入れてあります」

おばちゃん「じゃ〜忘れたって事で、この用紙に書き込んでください」

 用紙は過去5年間で病に依り動けなかった事があるかを形を変え6問。肩の手術で入院したんだからハイにチェック。回答を見たおばちゃんが担当者を呼んだんです。そう、税関で不正な物を持ち込んだ時、別室へ連れて行かれるアノ感じ。
何度も同じ事を言わされ、「肩の外科手術で入院したんですって」解ってはいたけど、精神的病と書かれていないんじゃ〜ノーと言えば嘘になりましょう? でイエスにチェックしたのですと力説する羽目に。
ホンダ学園、レインボウーに確認してくれ、無事に9月に卒業していると判明し「後日送付してくださいね」と言われ、宛名に加える彼の名を書いてもらったんです。
写真撮影、目の検査を終えた後「卒業証と免許証を交換しますので持ってきてくださいね」
僕「いいえ、別の人は後で送付してくださいと言って、ほら宛名まで書いてくれてますでしょ?」

奥に消えたおばちゃんがややもして現れ「お役所仕事ですいませんね。了解しました」
そこから10分程でしょうか更新完了、免許証を頂戴したのでした。

 自慢話を聞くのは好きじゃありませんが大人ですから我慢して聞きます。お聞かせするのが好きじゃ〜ないのは当然なんですが、まぁ〜聞いてください。
高速道でトンネルに入りますと、一瞬、真っ暗になる事がありますよね、そんな機能検査時には片目を瞑り、暗くなったところで開くと問題なく見えます。視野については平均を大きく上周り171度。咄嗟の反応時間=0.711秒、正確さ=普通、認知判断の速さ=速い。総合判定=30~59歳より優れていると評価されたんです。どう?自慢しちゃった?

 昼食後、孫ズの通う学校の5時限目前、妹は僕を見て「かっちゃん、どうしたん?背広なんか着て」
姉は近づくなり「何処へ行ってたん?」つまりですね、彼女らはオーバーオール&シャツ以外を記憶していないんですね。卒園式に背広を着たんだけどなぁ〜
そうだった、元カノの高齢なお母さんが背広の僕を見て「猿にも衣装だね」「これお母さんっ、失礼でしょ?」と言いながら納得したような顔。

 妹のクラスは7名ですから、それぞれとも顔馴染み。「最初はグー」で挑んでくる7名、負けて悔しいそうに再挑戦する子。負けて堪るか〜と意地になる僕。一人の女の子の足を狙って軽く踏んだらですね、お返しが何と思いっ切りってので十数回。この子は正確が明るくって人見知りしないのは判っていたんです。幼稚園児の頃、小学校の運動会で「おじさん、ウンコしたいよ」と声を掛けられたのが初対面なんです。その後、少ない生徒数ですからママ同士も仲良しこよしで紹介されたのです。
 
 学校行事が終わり、送ってもらえたこの日は近年にない忙しくも楽しい一日になったのでした。
[PR]

by kattyan62 | 2015-01-22 14:45