入魂のビーフ・シチューですねんよ



 水曜日にランチを誘われたけど、ブランチ中につき残念ながら却下して切った電話。
折り返し、電話で「買い物に行くけど?」これにはありがたく承諾したのは風が強くてパンが無い。

 「トーちゃん、私はお腹が空いたから寿司屋に行くけど」ええ、お茶でも飲んで見ているよと付き合ったとこは、回転はするけど全てがオーダーでお値段はてえ〜と普通の寿司屋さん並み。
何でも、2孫を連れてくると大トロを何度も注文するんでヒヤヒヤものだったそうな。1皿1500円なんだそうな。しまったなぁ〜電話のタイミングが悪いよ。

 買い物はMomってスーパーで、お肉がメインで安いらしい。店員さんに肩ロースを500gお願いして買い物を済ませた車中にて「孫ズにロースト・ビーフを」娘「ロースト・ビーフはサラダの友だからシチューがええわ」だと。
食材を探すまでもなく人参が無いやん。この強い風の中を自転車でかよ、車に乗っている間に寄ってもらえば良かったやん。

 一口大に切った牛肉を750ccの赤ワインとスライスニンニクで1時間ばかし漬け込んで、柄の壊れたフライパンにバター70gで玉ねぎを15分ほど炒めて鍋に。
f0064891_15251679.jpg


玉ねぎ中3個の薄切り
f0064891_1526557.jpg



 肉を取り出し、汁気を拭いて塩故障し、強力粉を塗してバターで軽く全面を焼いて鍋に入れ、ブーケガルニを作って、ドミグラソース、ケチャップ、オイスターソース、蜂蜜を入れてコトコト40分ばかし煮込みます。

f0064891_15321526.jpg


ジャガ芋、人参をバターで軽く炒めて取り出して、40分でっせ〜とキッチンタイマーが鳴りますてぇ〜と、ジャガ芋、人参を入れて再びコトコト20分ばかし煮込みまして出来上がり。

 灰汁を取っても取っても出てきますなぁ〜
f0064891_15333055.jpg



 大小、合わせて8人前でお肉は1100g、ジャガ芋4個、人参2本、玉ねぎが3個でございます。
大人はどうでも食べてもらえるから5人の子供にフォーカスしたビーフ・シチューなのでございまする。幼稚園女児、小学2年女児、小学3年孫娘、小学4年男児、小学5年孫娘に大人3人。
僕の分? 必要ありません。スネ肉のシチューが冷凍してあるからなんです。

 料理って楽しいですね。包丁を研ぐことから始めます。理想は濡れたテッシュがス〜っと切れたらいいのですがステンレスで望めません。本物の手打ちの鋼は高くて手がでませんもんね。
それでも、刃先が見えないくらいに研ぎ上げるのも楽しみって云うか自己で満足しとるんです。

 柄の壊れたフライパンを買い換えるまでもなく、TFIの柄が外せるのを鍋とセットで買ったのは妻。
それを今も大事に使っていますから、捨ててしまえばいいんでしょうが、大きさ&餃子焼きに適しているので修理してあるんです。もう少し、時間を懸けて見栄え良くと思案しているところです。

 
[PR]

by kattyan62 | 2015-01-09 15:49