一品入魂のシチュー


NHKの[きょうの料理]で放送されたビーフ・シチューが気に入った。

 僕の料理への思いは、あの人が一口食べて「ウッ、美味しい」と言ってくれるかな〜に尽きる。
孫であったり、ママ友ん家の小さな子供たちが対象なんです。
大人はそれなりに美味しいものを知り、食べたいとなれば食べれる環境にあるが、幼い子供たちは希望を述べても実現するとは限らないし、袋の味やファーストフードを美味しいなんて言わせたくないと思うのですね。つまり、本物って何? を手間暇懸けて追求したいわけよ。

 と云うことでシチュー肉のベストはバラ肉だそうだけどスネ肉もオッケー。
直近のスーパーへ行ったと思ってください。何せ此処は田舎、そして田舎のスーパーですから、自動ドアの前で一旦立ち止まらないと入れなくても誰も気にしていないみたいで、イライラしてるのは僕だけなのかもしれません。そしてミート棚はといいますと、豚肉、鶏肉で80&以上を占めてます。
この日、牛肉売り場でいつもの輸入肉を探したけど消えてるやん。代わりに目に付いたのが大きめのスネ肉約1kg  買う?買わない?買える?買えない?
家計費の先々を考えると無駄はいけませんが、買えるに編入しカゴへ。

 軽く塩胡椒し、小麦粉を塗して焦げ目を付け、バターで炒めた玉ねぎにセロリの鍋に移して850ccの赤ワインで2時間強。仕上げにドミグラソース、水を加えて40分。
写真は、赤ワインで煮始めたとこ。
 
f0064891_17302292.jpg



そして完成。
f0064891_17313089.jpg



 孫に食べさせたいと試食してみたら、ソースの旨さばかりで牛肉の甘みが見当たらず。
こらあかん、これを一品入魂のビーフ・シチューと言えないと断念。次回にそれなりの牛肉を見つけたらに期待したのです。

 牛肉と云えば、一昨日の事、自分用にと久しぶりに国産牛180gを買ったんです。
それをカボチャと獅子唐と共に甘辛く炒めたのを完食した2時間後に腹痛。
原因は?
f0064891_17454528.jpg



 国産牛とは、ひねた乳牛、オスや市場で値の付きにくい牛を言うのだそうですね。それでも輸入肉より高いブランドに?
美味しいとは?牛脂にあるラノリンだったかの匂い成分が主体だと[ためしてガッテン]で教えてもらいましたが、牛肉独特の甘み、旨みは別のような気がします。今回のシチューの肉に旨さを感じさせるものが無い。脂分が少ない部位であるからなのかもしれませんね。

 
[PR]

by kattyan62 | 2014-12-27 17:46