超常現象


テレパシーなる体験をしたことがありますか?

 電話のベルが鳴り、”ひょっとしてあの人では?”
それが的中した経験をしたことがテレパシーの一部と考える学者が居るそうで、実験を開始、データー取りした結果は45%を超えたのだそうです。この数値は”な〜んだ”と思うかもしれませんが、何と1兆を超える確率なのだそうです。
また、同比率で24時間動く乱数計を世界中に配布しバランスを計測していた。(今も継続中)
9:11のテロ行為がリアルタイムで世界中に報道された時、乱数計のバランスが崩れたのだそうだ。
同じシステムを使い、身長11メートルの人形をイベントの象徴とした会場に乱数計を設置、最大の行事である人形に着火した瞬間に乱数計のバランスが崩れたのだそうだ。
バランスを崩したエネルギーとして、大人数が同じ感情が集中した事としてしか考えられないのだとか。

 僕の経験
電話をした相手が話し中で、暫くして掛け直して判明したのは、同じ時間に相手も僕に電話を掛けたのだそうだ。ただ受話器を外し、ダイヤルに指を掛けた時間がまさに同時だったって証しです。
会話中、彼女との絆を強く感じたものです。

 2001年9月に妻が逝った。
その日、その時間に強い動悸を経験し、嫌な予感が過った。
それから数時間後に警察からの電話で遠く離れた地であった事を知った。
現実主義を自認する僕の理解を超えている。
後年、妻の強い思いが僕にテレパシーを送ったと信じ、そう考える事で胸が熱くなる。

 
[PR]

by kattyan62 | 2014-01-20 09:32