お正月には必需


間もなく正月ですやん。気ぜわしいことですなぁ〜

 お正月と言いますとおめでたいグッズが氾濫し、日本人の縁起担ぎの最たるもんに宝船があげられます。
宝船の発祥は江戸期やそうで、恵比須、大黒天、弁才天、毘沙門天、布袋和尚、福禄寿、寿老人の七人で日本人は居てはりまへんのやと。大黒はんは出雲地方を治めた大国主の命とは別人なんですと。
やはり時代が下って、大国主の命化されてったてのも日本人らしいではおませんやろかね。
ここで七福神の中でも唯一の女性、弁天さんにスポットを当ててみましてん。

 弁才天(弁財天、サラスヴァティ)
元はインドのガンジス川のような大河が神格化され、豊穣と技芸の神様であったものが時代を下る毎に中国の道教と民間信仰が融合して欲望を被せられ、豊穣に芸事に加えて財産を願う事の方が前面に出て、才が財になりましたんやね。
この辺りの変貌は、中国の壮大な物語として有名な三国志に登場する豪傑 関羽も神さまになり、時代が進むにつれ商いの神や勉学のなどなどと随分の肩書きをお持ちやそうです。仏教が衰えた中国にあって、弁天さん信仰が衰退し、商人などは特に関帝を敬いはったんやそうで、国にあっても、海外へ出た人たちも関帝信仰として崇め敬う事で商売に精を出し、日々の糧を感謝しているんやそうで、この辺りの習慣はどの宗派にも共通しとりますようですね。

 インドに始まった七福神が団体で船に乗りはったんは江戸期ですけど、安土桃山時代には存在したことになってます。

 最後に、七福神さんらの現世利益を書いときますよって、正月にはお参りしとくのがよろしおす。
恵比寿:商売繁盛
大 黒  :豊作
弁財天:学問と財宝
毘沙門天:勝負事
布 袋  :開運、良縁、子宝
福禄寿:人徳、長寿
寿老人:幸福、長寿

 おまけ
寿限無 寿限無 五劫の摺り切れ海砂利水魚の 水行末 雲来末 風来末食う寝る所に住む所 藪柑子 ブラコウジパイポ パイポ パイポの シューリンガン シューリンガンのグーリンダイグーリンダイのポンポコピーのポンポコナーの長久命の長助.

 サービス
インドでの仏画に描かれた弁天さんですけど、馴染んでいないだけに神様の列に入れ難いですけど、手がようけあったりと充分に神様の要素はありますねんけどね。(写真のでんぐり返りはFirefoxでは正立しとりますね)
f0064891_12492214.jpg

[PR]

by kattyan62 | 2013-12-08 12:52