苦情のコメントが来ましたよ〜


<いつも遠鉄ストア祝田店をご利用頂きましてありがとうございます。また貴重なご意見を頂戴いたしまして誠にありがとうございます。

この度は商品管理で至らぬ点があり、お客様に不快な思いをさせてしまい大変申し訳ございませんでした。
商品の品出し時に鮮度劣化や傷みがないかのチェックが疎かになっておりました。野菜売場の鮮度アップは私どもの店舗の課題でもありますので、鮮度チェックを強化し再発防止に努めてまいります。又従業員個々のスキルにおいてもばらつきがございますので、今後各スタッフのレベルアップを図ってまいります。この度は貴重なご意見を頂きましてありがとうございました。

今後とも遠鉄ストア祝田店をご愛顧頂けます様お願い申し上げます。

(株)遠鉄ストア 祝田店 店長>

 返事を書きました。
 回答をありがとうございます。レジ係の方々の接客など申し分なくショップのフアンの一人です。大阪のお店では考えられない事でありご報告し今後の発展を切に願っています。良い物が欲しければ遠鉄への合い言葉になる日が来るのを待っています。

 兵庫県にイカリスーパーと云う地域では有名なお店があります。
友人の経営していた工務店から依頼された改装について相談され、名前と有名店の謂れを教えてもらい感心したんです。
以前にも書いた事ですが、最初は六甲店のフロア一体型の誂え照明器具を受注した時、工事中の前を高齢だけど品の良い女性から話掛けられたのです。『何のお店になるんですか?』と。
イカリスーパーですと答えたら婦人は『近くに越してきます。おからの総菜は絶品ですし、何もかもが新鮮で』と笑顔のまま軽く頭を下げて背を向けられたんです。

 二回目は芦屋店の外周の金属屋根と飾り柱にアルミ製のイカリを嵌め込んだ手摺を受注したのでした。
徹夜に次ぐ徹夜が続き、現場で喘息の強い発作に見舞われ、良い塩梅に店の前は開業医で、窓を開けていただいて点滴しながら道路を挿んで指示をしたんです。設置はオープン当日まで懸かり、着けた尻から業者がペインティングし、やっとオープンに間に合ったんです。

 三度目は吹田市に近い山田店で短いけど同様の手摺と金属屋根。屋根金属の理由は火災で延焼させないためなんだそうです。工事中、前の駐車場にテントで開業して1500万円/日の売り上げがあったと聞きました。
大店舗の広いフロア面積でも及ばない集客量なのだそうです。

 そこだけでなく、大阪市内のビル街にあるスーパーの改装も手伝いました。電機屋なのに大工仕事だとさ。
工務店の専務がショップから相談を受け、パン売り場を充実させたいのでディザインをと言われ、ディザインはしたものの、手持ちの業者で出来ないからと頼み込まれたのです。
彼のディザインはミレーの落ち穂拾いを2cm厚の大きなガラスに砂を吹き付けて描いたものを安全に自立させる台を設計しろってことになり、床に10cmの丸い穴を明け膝丈のステンの柱にスリットを入れ、柱間に丈夫なステンの梁を入れ、上からガラスを差し込む構造を提案し、制作と工事までしろってことで出来上がったのは小麦を拾う農婦が評判になり数倍の売り上げになったそうです。
購買意欲を掻き立てる手法は色々あるようです。専門のディザイナーさんはルールを知り、お客さんを呼ぶ工夫をしますが、肝心の商品が不味いと火は消えてしまい、後で美味しい物を並べても信頼は容易に回復しないでしょう。(これは自慢でしたね。評判のお店に関われた事は名誉ですもんね)

 店長の名前は伏せましたが、店長としてのスキル不足に原因があります。
社員個々のスキルにバラつきを容認してきた結果に他なりませんね。一番大事な商品管理に個々に任せるだけの教育を忙しくてなのか、給料に見合う仕事しかしていないのか? 大手の現場って給料が安いらしいのよね。

 今の日本を築いたベースには勤勉さだとか愛社精神が社員一人一人にあったのがここに来て崩れ、何時降格か首になるか判らない不安が企業戦士の剣を取り上げてしまっているんですね。
良い品物しか売らないお店は繁盛すると思いません?
 
[PR]

by kattyan62 | 2013-04-08 15:26