2012年3月16日?


I Pad 2が発売されるのだそうです。

 マックはジョブスの意志を継いでやってくれます。
新機能として会話が出来るのだそうですね。電話じゃなく、I Padそのものとの会話だそうで、恋愛編では、『愛してるよ』と伝えると、数度の会話の後「他のI Podを愛さないでね」と返答するのだそうです。
こうした技術が進みますと、同時通訳が可能になるやもしれません。 

 現在のテキストによる翻訳には大いなる不満があります。そこには文法の違いによることなのかもしれません。
先日、パラパラとめくったフォレストなる英語の本の一節によりますとですね、[彼はコンピューターを買ったんだ]と言うのを日本語なら、[コンピューターを買ったんだって彼は]でも[彼は買ったんだってコンピューターを]でも意味は通じます。しかし英語では[He bought a computer]と言うのだそうで、特殊な事情がない限りは他の言い回しはないのだそうです。
思うに、米国にしろ英語圏で肉類を多く喰って暮らす人たちは、顔同様にクッキリしているようです。

 昨今、テレビの海外ドラマを楽しんでいるのですが、仲間同士であっても、相手が傷つくとか関係無く曖昧な言い方をせずにハッキリと悪い事は悪いと言うようです。言われる相手も同類ですからなのでしょうかね。
友人同士の場合だと、前のチャックが開いてるよと耳打ちしますが、相手が嫌いな奴とか、親しくない上司とかであれば黙って放っておくのが普通です。
以前、大阪の環状線に乗った時、女性のストッキングの後ろに伝線が走っていて、見えないのだろうと耳打ちしようかと思ったのですが、電車の中で脱ぐこともできないで恥ずかしく思うだけと放置したことがあります。
言ってあげるべきなのでしょうかね。
僕は辛うじて男ですから、チャックの恥ずかしさは理解できますが、ストッキングの恥ずかしさの度合いが判りません。二つを同意義に考えるなら、車内では脱げなくとも隠しながら駅のトイレでって手もありますからね。

 今、Footloose(フットルース)て映画を観ています。
随分昔の映画で、主演のケビン・ベーコンが若いんです。
同じような年代に、ロックのリズムが流れるとジッとしていられなかったのに、今では寝転んだままで足先だけリズムを刻んでいる有様です。

Kenny Loggins 曲名:Footloose (気侭に)


Robert Palmer 曲名:Addicted to Love


 ヒゲが伸びてきました。
毎日、剃るのが面倒ってのもありますが、心理学的には男を誇示しているのだそうです。うん、そうかもしれません。でもですね、これが結構手間が懸かるのです。不潔に見えがちですから、キチンと手入れをしておかなくてはと思うのです。これは、周囲の人たちへの気遣いでもありますが、多くは自分が納得したいってことなんです。
ヒゲの事ではメールママと母上にはボロクソに言われました。メールママは友達でしたから仕方はないと思いますが、殆ど知らない母上に言われるのは心外と思ったのですが、後々、判ってきた母上の性格では、脳で考えたと思った瞬間に口を突いて出ているようなのです。
何かの事で背広を着て、訪ねた時『猿にも衣装やね』と言われ、メールママが嗜めました、猿ではなく馬子ですよと申し上げたんです。しかし母上の目には猿だったのかと思ったりしたものです。 ハハハ   キィキィ

 
[PR]

by kattyan62 | 2012-03-08 23:21 | Music