またもや音楽


昨日の記事で押尾コータローを取り上げ、彼の音楽に出会ったエピソードをお伝えしました。

 記事を送信した後の数時間も音楽だけを聴き、ネットで探していたら、チャー&コータローの素晴らしい演奏に出会えたのです。
記載したyoutubeのものが、生意気にも偽物だと断言したのには、ちゃんとした理由がありますので聞いて(読んで)頂きたいのです。

 ギターを弾かれた方なら誰しもが通る道。ギター本体、弦の健康状態、爪、湿度など音質に影響を受けます。
アコーステックを扱う、名だたるギタリストは楽器をベストに保ち、爪を手入れし、指や腕のトレーニングも欠かしていない・・・と思う。
著名な人らに依るピアノもバイオリンも素晴らしいと思うのですが、小さく、持ち運べるオーケストラと呼ばれるギターを操る人らの卓越したテクニックには鳥肌が立ちます。
弦に触れる強弱も重要だし、最も大切なことはどの楽器にも云えることで、それはタイミングです。そのためには、譜面を完全に暗記し、作曲家の描いたイメージを忠実にトレースすることが出来て、感情を移入できるのです。(素人の僕は、楽譜すら覚えられない)

 押尾コータローの音楽を、何の先入観もない江戸期の人たちが聴いたとしたら?   僕と同じく鳥肌が立つのでしょうかね。
著名な音楽家を例えるなら、美味しいと評判のレストランと云うよりはカリスマ性のあるラーメン屋かもしれません。何かがあるから、完成度が高いからブレイクして当然なんでしょうね。

 チャー&コータロー  


 沖仁と彼らの違いはギターです。沖仁がガット(クジラのヒゲ)弦を使っているのに対して、押尾コータローはスチール弦。
スチール弦は、ガットに比べてより高く繊細な音を出せます。それにガットのように伸びないので、微妙にビブラートさせることが可能なんです。 
 ギターについて小生意気な事を書きました。譜面を見ないと弾けず、あっちでコツン、こっちでゴッツンしながら弾くのですから、人様に聴いていただくものではありません。ですが、呉服屋に居た若い頃の独り暇な秋の夜長、部屋で退屈さを凌ぐ相手をしてもらったギターなのです。 今は埃が被っているギターです。

 最後に、好きな声の持ち主の歌謡曲
オユンナ 曲名:遠くへ行きたい ※オユンナはモンゴル出身の歌手。

[PR]

by kattyan62 | 2011-09-29 11:29 | Music