マリア・パヘス&リバーダンス 


マリーアの踊りを観たのはリバーダンスの日本公演で彼女自身がアイリッシュ音楽を振り付けたもの。
(拡大すると迫力が増し尚、終了後、左下のもマリーアのリバーダンスでの踊りが観られる)



 二度目にリバーダンスを観たのは大阪城の北にあるホールで、マリーアのダンスを期待したのだが、別人だったことで迫力に欠け落胆したことがある。また、主役ダンサーも別人だった。
この映像は、ニューヨークのラジオホールで収録されたもので、僕が名古屋で観たものと同じ構成で同じ主役だったのです。名古屋の大ホールだったが、前から5番目の列で良かったが右端の方だったことも、或る意味良かった。それは、足運びが前から見るより横からの方が観易かったのだ。
今も大事にしているNY in Radio Hall で収録されたDVDをみっちゃんが幕間に買ってきてくれた。





 またもや寄り道だった。
昨日の深夜、たけしがマリア・パヘスをインタビューした番組を録画した。
彼もまた、僕と同じDVDでマリアに魅了された一人だそうな。

 ギターの音色が好きで、小遣いをはたいて質流れのギターを買ったのは16歳だったろう。今もある。
以前にも書いたのだが、商店街の靴屋さんの息子は先輩で、彼は靴を修理して疲れるとギターを弾いていて、音色に惹かれて聴き惚れた。禁じられた遊びを淀みなく弾いたのに堪らなくなり教えを乞うた。
楽譜も独学だったが、一応は弾けるようにはなった。音符の早さを未だに理解できずにいて月光なんぞは淡々としてしか弾けないのだ。

 手指を怪我して弦に触れることが少なくなった分、押尾コータローや沖仁のCDも買った。
沖仁、クラシックメドレー(これは持ってへんから、此処へ残しとこ)


 リバーダンスはショーとして演じられていて、本来のアイルランドではどうなんだろうと興味があって、色々調べてたら、偶然とは恐ろしいもので、NHKの番組だったが、アイルランドの村のパブで箒を片手にウェイターが踊り、また、誕生日に集まった親族、友人たちと踊っていたのが、土の匂いがするような素朴さに、上半身は動かさない独特のダンスのルーツも調べた。
また、子供達が、ダンスのクラスへ通い練習する様や、街角で練習だか見せているのかのダンスも見た。
子供達が街角で。


アイリッシュ音楽

[PR]

by kattyan62 | 2011-09-08 00:22 | Music